マネックス証券、アメリカ株や米国上場ETFの取扱いを8月12日から開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、マネックス証券は2008年7月半ばからニューヨーク証券取引所やナスダック証券取引所に上場している株式やETFの取扱いを開始すると発表したものの、延期となっていました。

しかし、取扱い開始時期がようやく決定しました。8月12日からです。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~

米国上場ETF・株式の取扱いをスタートします!(2008年8月8日)/マネックス証券

待望の米国株取引が8月11日(月)、いよいよスタート!

ウォルト・ディズニー、IBM、マクドナルド、コカ・コーラ、GM、マイクロソフト・・・日本でもおなじみの銘柄が、米国市場の取引時間中にリアルタイムでお取引いただけます。

人気の米国上場ETFも品揃え豊富、そのうえ取引手数料は業界最低水準を実現。ぜひ、この機会にマネックスの米国株取引をご検討ください!

【サービス開始スケジュールのご案内】

8/11(月)夕方 米国株取引の口座開設 申込受付開始

8/12(火)10時~ 外国為替取引スタート
(米国株取引に必要な米ドルの購入をお受けします。)
22時30分~ 米国株取引スタート

※ 表示は全て日本時間です。

▼ここがポイント! マネックスの米国株

取引手数料が安い!

取引手数料は1取引につき25.2ドル(税込)、気軽にお取引いただけるよう、業界最低水準の手数料を実現しました。

米国株なら、マネックス!

取扱銘柄はバラエティ豊か

NYダウ採用の30銘柄に加え、話題の米国上場ETFも54銘柄と充実のラインナップ。

取扱銘柄はこれからどんどん追加予定!ご期待ください。

米国市場の取引時間にフル対応!

米国市場のマーケットオープンからクローズ(ニューヨーク現地時間 9:30~16:00 ※)まで、リアルタイムでのお取引が可能です。マーケットが開いていない時間でも、24時間予約注文をお受けします。

※ 日本時間:23:30~6:00、サマータイムでは22:30~5:00(08年のサマータイムは3月9日~11月2日)

■ 米国上場ETF・株式のサービス概要













取扱い銘柄


















ニューヨーク証券取引所(NYSE Arcaを含む)、アメリカン証券取引所、ナスダック証券取引所に上場する米国ETF54銘柄
米国の株価指数の他、新興国を含む世界各国の株式指数、株式以外の資産を対象とする債券、不動産、コモディティの指数等、バラエティ豊富な資産に連動
ダウ工業30種平均株価を構成する個別株式30銘柄
本邦初となるバンガード運用の米国ETF銘柄の取扱いも準備中
手数料










取引手数料は業界最低水準の一約定につき25.2米ドル(税込)
売買は1株(口)単位から可能
取引方法










ニューヨーク現地時間9時30分から16時まで、リアルタイムに取引可能
口座開設から取引までウェブ上で完結

~~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~~

新しい金融商品の導入について積極的なマネックス証券ですが、海外の株式やETFの取扱い数については楽天証券
SBIイー・トレード証券に遅れをとっていました。

米国株式&ETFの導入による、マネックスの巻き返しに期待です。

▼関連記事

マネックス証券、株取引の手数料キャッシュバックキャンペーン実施

米国株を買えるネット証券2社の比較

楽天証券、米国ETFと中国ETFの取扱いを開始

イートレード証券、海外ETFの取扱いを開始

マネックス証券、ミニ株の対象銘柄にETF(11銘柄)を追加

米国株式(Google グーグル)を10株買いました

ブラジル株式のADRを買いました (リオ・ドセのADRを購入)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする