楽天証券、2008年秋頃を目処に「外貨決済サービス」の提供を開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券が2008年秋頃を目処に「外貨決済サービス」の提供を開始すると発表しました。

「外貨決済サービス」とは、外国株式や外国債券などの取引の際、投資資金を外貨のままで保有・管理・決済がおこなえるサービスです。

■外貨決済サービスの概要

サービス概要
・外貨の定時為替取引による外貨決済サービスを米ドル以外にも拡充
・外貨建て債券の利金や償還金、途中売却代金を起債通貨または日本円で受取れる選択制の導入
・外貨建て債券の当該通貨による直接の買い付け

開始時期
・2008年秋頃(予定)

対象通貨
・オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、南アフリカ・ランド、トルコ・リラ
・米ドル(現在提供中)

例えば、現状、楽天証券で「南アフリカ・ランド建て利付債」を売却すると売却代金はランドで受け取ることはできません。受取時に強制的に円転させれられます。為替レートの影響をもろに受けるわけです。

「外貨決済サービス」が導入されれば、
「南アフリカ・ランド建て利付債」を売却
しても、売却代金はランドで受け取ることができるようになります。そのランドを「南アフリカ・ランド建て利付債」に投資することもできます。また自分の好きなタイミングで円に替えることもできます。

「外貨決済サービス」がまず導入される通貨は「オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、南アフリカ・ランド、トルコ・リラ 」です。早期にユーロや香港ドルも 「外貨決済サービス」に対応してほしいものです。

▼楽天証券のプレスリリース

発表日 2008/05/20

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都港区)は、2008年秋頃を目処に「外貨決済サービス」の提供を開始いたします。

「外貨決済サービス」とは、外国株式や外国債券などの取引の際、投資資金を外貨のままで保有・管理・決済がおこなえるサービスです。たとえば、為替レートが有利なときに投資資金を円から外貨に転換しておき、購入タイミングを見計らって外貨建て商品を買い付けたり(売買代金は外貨資金から充当)、売却代金や利金、償還金などを外貨のままで受取ったりすることが可能になります。保有している外貨は、お客様の都合に合わせていつでも円に換えることができます。これまでは米ドルのみでサービスを提供してまいりましたが、個人投資家の国際分散投資ニーズの高まりに応え、取り扱い通貨を拡大いたします。
 

目的・ねらい 

 個人投資家の国際分散投資へのニーズが高まるなか、当社では、外国債券や海外ETFといった外貨建て商品の残高が大きく成長しており、2008年3月末現在、昨対比で146.6%(外国債券)324.6%(海外ETF)と、他の商品に比べて著しい伸びを示しております。
 
また、当社はネット証券における「グローバル投資」のパイオニアとして、米国株式の取り扱い(1999年)や、海外ETFの取り扱い(2006年)を開始するなど、他社に先駆けて外貨建ての商品やサービスの提供をおこなってまいりました。その他にも現在、中国株式(2003年開始)や外国債券(2006年開始)、FX(外国為替保証金取引、2003年開始)といった商品をラインアップしております。
 
こうしたニーズの高まりや、当社が持つノウハウを背景に、楽天証券では「グローバル投資」を今後の中核戦略のひとつとして捉え、外貨建てMMFのラインアップ拡充や、各国株式市場へのアクセス整備など、今後さまざまな商品・サービスを開始していく予定です。
 
そのなかで「外貨決済サービス」は、お客様が外貨建て資産に投資をする際に利便性の高いサービスであり、当社のグローバル投資サービスの基盤を担うものとなります。

サービスの概要・ポイント

 「外貨サービス」の導入によって、お客様は円または米ドル以外での通貨で、外貨建て資産への投資や、売却代金の受け取りが可能になります。これにより、たとえば「南アフリカ・ランド建て利付債」を保有しているお客様は、利金の受け取りや償還時に“南アフリカ・ランド”で受取ることが可能になります。償還時期の為替レートが円高傾向で為替差損が発生する場合なども、外貨で受け取っておき、円に転換するタイミングを計ったり、そのまま南アフリカ・ランド建ての商品を買い付けたりすることができます。 今回、取り扱いを開始する通貨として、これまで当社が販売をおこなってきた外国債券の起債通貨である「オーストラリア・ドル」「ニュージーランド・ドル」「南アフリカ・ランド」「トルコ・リラ」の4通貨を第一弾として予定しております。

今後の戦略

 今後は「外貨決済サービス」の取り扱い通貨を拡充するとともに、一部の通貨については外貨建てMMFの取り扱い開始を予定しております。これにより、外貨の待機資金を円に換えることなくプールしておくインフラを整備いたします。また商品面では、外国債券の起債通貨や外国株式の取り扱いを拡充してまいります。とくに外国株式では、現在お取引が可能な国内(日本)、米国、中国に加えて今後さらなる対応市場の拡大を行い、お客様の国際分散投資ニーズにきめ細かく対応できる商品ラインアップの実現を目指してまいります。

■外貨決済サービスの概要

サービス概要
・外貨の定時為替取引による外貨決済サービスを米ドル以外にも拡充
・外貨建て債券の利金や償還金、途中売却代金を起債通貨または日本円で受取れる選択制の導入
・外貨建て債券の当該通貨による直接の買い付け

開始時期
・2008年秋頃(予定)

対象通貨
・オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、南アフリカ・ランド、トルコ・リラ
・米ドル(現在提供中)

プレスリリース配信日 2008-05-20

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする