楽天証券、事前予約制「投信はじめてダイヤル」実施

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券には投資信託専門の問い合わせ窓口である「投信はじめてダイヤル 0120-41-1004」があります。

「投資信託の仕組みやメリットがよくわからない」「どんな投資信託を選んでいいか、わからない」― そんな投資信託に関する疑問について、電話で回答してくれるのが「投信はじめてダイヤル」です。

これまでは、「投信はじめてダイヤル」のスタッフに連絡を取りたい場合、個人投資家が平日の午前8時~午後6時に0120-41-1004へ電話をしなければなりませんでした。

さて、ここから今日の本題ですが、6月から約1ヶ月間、楽天証券が「事前予約制 投信はじめてダイヤル」を実施します。事前にネットで時間を指定すると、「投信はじめてダイヤル」のスタッフから電話をもらうことができます。

事前予約の場合、平日の8時~21時の間から時間帯を指定することができます。以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~

期間限定 事前予約制「投信はじめてダイヤル」

▼事前予約制「投信はじめてダイヤル」とは?

楽天証券では、「投資信託の仕組みやメリットがよくわからない」「『投信スーパーステーション』を使ったファンドの検索方法や操作方法がよくわからない」といったお客様のお悩みをサポートする「投信はじめてダイヤル」サービスをご用意しております。

今回の事前予約制「投信はじめてダイヤル」では、期間限定で、「日頃忙しくてなかなか電話できない」「自分から電話するのはちょっと・・・」といったお客様向けに、事前にご指定いただいたお時間(平日8時~21時)にカスタマーサービスセンターからお電話を差し上げます。

投資信託についてご不明な点をぜひこの機会にお気軽におたずねください。

▼サービス概要




















サービス提供期間 6月2日(月)~6月13日(金) のうち、平日の8時~21時の間
お申込受付期間 5月19日(月)~5月28日(水)
お申込方法 本ページ下部の「お申込はこちら」ボタンから、お申込ページに進んでいただき、必要事項をご入力ください
ご注意事項

  • 先着順にてお申込を承りますので、定員を上回った場合は、ご希望に沿えない場合がございます。あらかじめご了承ください。(6月後半に、2回目の実施を予定しております。)
  • ファンドの見通しや投資判断の助言など、内容によっては承れない場合がございます。

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

平日の夜、楽天証券に投資信託の問い合わせをしたい方は、事前予約制「投信はじめてダイヤル」を利用するのがいいのではないでしょうか。

事前予約は楽天証券のウェブサイトから申込できます。

▼関連記事

楽天証券、投資信託の自動積み立てサービス「投信スーパー積立」を開始

楽天証券、投資信託 分配金再投資型コース取扱開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年6月30日まで口座開設とFX取引で、現金3000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする