ジョインベスト証券、信用取引・日経225先物取引の口座設定約諾書を電子化 口座開設で書類のやり取りが不要に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョインベスト証券が6月13日から信用取引の口座開設時や日経225先物取引の口座開設時に、書面で郵送していた口座設定約諾書を電子化すると発表しました。

この口座設定約諾書の電子化により、ジョインベスト証券に証券取引口座を持っていれば、WEB審査によって最短2日で信用取引や日経225先物取引の口座開設、取引開始が可能となります。今までは信用取引口座や先物取引口座開設時に、口座設定約諾書を郵送しなければなりませんでしたが、これからはその必要がなくなります。

なお、ジョインベスト証券では、以前から信用取引口座開設時に4,000円の収入印紙税は不要でしたが、電子化後も収入印紙税は不要です。

以下、ジョインベスト証券のウェブサイトからの抜粋です。

2008年5月15日 ジョインベスト証券 お知らせ一覧

信用取引、先物・オプション取引の口座設定約諾書の電子化についてのお知らせ

「信用取引」「先物・オプション取引」の口座開設期間が短縮されます!

2008年6月13日(金)夕刻より、「信用取引」、「先物・オプション取引」の口座開設に係る口座設定約諾書を電子化し、従来の約諾書の書面(郵送)による受け入れから電磁的方法による受け入れ(ウェブサイトからの内容のご確認・ご同意)へ変更いたします。

■ 口座開設に必要な書類の郵送手続きが不要に!
■ お申込みから最短2日後にお取引可能になります!

今回の電子化により、「信用取引」、「先物・オプション取引」の口座開設がすべてウェブサイト上で完結し、最短2日(※)で開設可能となります。また、信用取引口座開設の際に必要であった収入印紙(4,000円)が電子化により不要となります。

※審査の状況や申込時間等によって2日を超える場合があります。

信用取引口座や先物口座の口座開設約諾書ですが、ネット証券業界ではクリック証券カブドットコム証券が電子化しています。ジョインベスト証券は3社目です。

口座設定約諾書の電子化で、書類の手書きや郵送の手間がなくなる上に4000円の印紙税もなくなるわけですから、他の証券会社も追随してもらいたいものです。

▼関連記事

信用取引口座開設の際に収入印紙代が無料な証券会社

カブドットコム、信用取引・日経225先物取引の口座設定約諾書を電子化 4000円の印紙税が不要に

クリック証券、信用取引・日経225先物取引の口座開設約諾書を電子化 4000円の印紙税が不要に

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225ミニとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする