松井証券、5月12日からPTS(私設取引市場)開始 即時決済取引に対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明日5月12日から松井証券の株取引用のPTS(私設取引システム)が始まります。PTSの詳細については、下記リンクをクリックしてみて下さい。

PTS(私設取引システム)の解説 - 松井証券ウェブサイト

松井証券の株取引用のPTSでは、株の即時決済ができるという特徴があります。即時決済取引とは、約定と株券の受渡が即時に行われる取引です。

取引所の普通取引では、株取引の約定から株券の受け渡しまで最短でも3日間のタイムラグがあります。松井証券のPTSではこのタイムラグがありません。

松井証券のPTSでは即時決済取引により投資家が株式の売却を行った場合、売却代金は即時に受け渡されるので、例えば日計り取引の売却代金を同日中に同一銘柄の買付代金に充てることも可能です。

取引所の普通取引では現物株の取引における差金決済が禁止されているので、デイトレードの売却代金を同日中に同一銘柄の買付代金に充てることはできません。

松井証券のPTSでは、デイトレードをしても差金決済にならないので、デイトレードの売却代金を同日中に同一銘柄の買付代金に充てることが可能というわけです。

▼PTSで株取引を行うには、松井証券の口座にログインして手続きが必要

PTSで株取引を行うには、松井証券の口座にログインして手続きを行う必要があります。
ログイン後の会員画面内上部【口座管理】-【各種口座開設状況】画面から即時決済取引口座を開設することで取引ができるようになります。

信用取引口座や預株サービスを利用していないユーザーは、即時決済取引口座の開設手続きを行えば、基本的にリアルタイムで即時決済取引口座が開設
できるとのことです。

信用取引口座を開設しているユーザーは3営業日以降に開設完了します。預株確認書を確認済のユーザーは、4営業日後以降に開設完了します。

私は松井証券の信用取引口座を開設しているので、
即時決済取引口座を開設するのに時間がかかります。明日、PTSの取引状況を見て当サイトの記事に取り上げたかったのですが、
信用取引口座を持っているせいで無理ですね。また、来週にでも記事に取り上げたいと思います。

関連記事

松井証券、5月にPTS(私設取引システム)を開設し即時決済取引の取扱い開始

ジャパンネクストPTS、カブドットコムPTS、マネックスナイターの比較

夜間取引市場 関連ニュース

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年3月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年2月28日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする