SBI証券、投信積立銀行引落サービスを開始。 銀行口座から自動引落

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年10月31日、SBI証券が「投信積立銀行引落サービス」という新しいサービスを開始しました。

投信積立銀行引落サービスを利用すると、投信積立サービス※の代金を、ユーザーが指定した銀行口座から毎月自動的に引落して買付ができます。

  • 投信積立サービス・・・投資信託の積立サービスのこと。投信積立サービスとは、ユーザーが指定した投資信託を、毎月一定額、自動的に買付けてくれるサービスのことです。

今までは、投信積立サービスを利用する場合、毎月、SBI証券の証券取引口座から投資信託を買うお金が引き落とされていました。

つまり、証券取引口座にお金がなくなってきたら、銀行口座から証券取引口座にお金を振り込む必要がありました。

投信積立銀行引落サービスを利用すると、証券取引口座からではなく、自分が指定した銀行口座から毎月引落ができるようになります。

よって、投信積立銀行引落サービスを設定したユーザーは、銀行口座に十分なお金があれば、投信を積立していくにあたって、証券口座にお金を振り込む手間がはぶけます。

投信積立銀行引落サービスの申し込みや設定の変更は、ウェブ上でで行うことができます。書類の郵送などの手間はありません。

投信積立銀行引落サービスを設定した場合ですが、銀行口座からの自動引落の手数料は無料となっています。

投信積立銀行引落サービスで利用できる銀行は200社以上あります。利用可能な銀行は、下記リンク先のSBI証券のウェブサイトに載っているので、興味がある人はクリックしてください。

投信積立銀行引落サービスご利用可能金融機関

メガバンクや住信SBIネット銀行は投信積立銀行引落サービスに対応していますが、ゆうちょ銀行は対応していません。

また、「楽天銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、ソニー銀行、新生銀行、大和ネクスト銀行、スルガ銀行、イオン銀行、あおぞら銀行、オリックス銀行」なども投信積立銀行引落サービスに対応していません。

投信積立銀行引落サービスは今のところ、ネットバンクで対応しているところが少ないのですが、メガバンクと地銀で対応している銀行が多くなっています。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

投資信託 > 投信積立銀行引落サービス – SBI証券

投資信託の積立が銀行からの自動引落でらくらく!

投信積立の代金を、お客様ご指定の銀行口座から毎月自動的に引落して買付ができるサービスです。

証券総合口座へのご入金の手間を省き、ご設定いただいている月々の投信積立を滞りなく続けていただくことができます。

投信積立銀行引落サービスのポイント

1 投信積立のために証券総合口座へ入金する手間を省ける

投信積立銀行引落サービスはご指定の銀行口座から毎月自動的に引落して買付ができるサービスです。投信積立のために証券総合口座へ入金する手間を省くことができます。

2 お申し込みや設定変更はWEB上で完了

投信積立銀行引落サービスのお申し込みや設定の変更はWEB上で行うことができます。書類の郵送などの手間がありませんので手軽にご利用いただけます。

3 銀行からの引落日を選べる

投信積立代金の引落日は、毎月14日または27日(休業日の場合は翌営業日)のどちらかをお選びいただけます。

4 金融機関は都銀・地銀・信金など合わせて222行から選べる

引落にご利用可能な金融機関は、都市銀行5行を含め、地方銀行、信用金庫など合わせて222行(2012/11/1時点)の中からお選びいただけます。

もちろん多くのお客様にご利用いただいている住信SBIネット銀行も可能です。

ご利用可能金融機関一覧

5 1ヶ月間のすべての積立設定分が買付対象

引落代金による買付の対象となる積立設定日は、特定の日に限定されません。1ヶ月内に設定されているすべての投信積立が買付対象となります。(積立買付設定可能日は、毎月1日から27日および月末です。)

サービス概要

銀行口座からの引落日 毎月14日または毎月27日(休日の場合は翌営業日)
証券総合口座への入金日

引落日が14日の場合:当月末

引落日が27日の場合:翌月15日(休日の場合は前営業日)

引落請求日
(引落金額の確定日)
引落日の10営業日前
収納代行業者

ベリトランス株式会社 (ベリトランス株式会社のWEBサイト)

株式会社アプラス (株式会社アプラスのWEBサイト)

※収納代行業者は、当社に代わり、お客様指定の銀行口座から投信積立代金の引落を行います。

ご利用可能金融機関

ご利用可能金融機関一覧

※ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行はご利用になれません。

※当サービスをお申し込みの際、またお申し込み後に設定を変更される場合には、お申し込みや変更のタイミングによって、サービス開始や変更内容の反映までに一定期間を要する場合がございますのでご注意ください。また、設定変更や停止のタイミングによって、反映されるまでの期間が異なりますのでご注意ください。

※当サービスの解約手続きはご用意しておりません。当サービスの停止をご希望の場合は、「利用停止」のお手続きをお願いいたします。

※引落請求日の午前0時~午前6時頃までの間は、設定変更や停止のお手続きがいただけませんのでご注意ください。

以上、SBI証券のウェブサイトからの抜粋

ちなみに、SBI証券において積立に対応している投資信託は、どれも円建の商品になっています。

なお、SBI証券において積立に対応している投資信託は、今のところ全部で1158本あります(2012年11月1日現在)。

▼関連記事

現在、株の夜間取引ができるのはSBI証券だけです

SBI証券のメリットとは?

SBI証券と住信SBIネット銀行が「外貨入出金サービス」を開始

年率1.66%の金利がつくSBI債を買えるのはSBI証券だけ

SBI証券、信用取引の大口顧客の金利を引き下げ

SOR注文とは 【株式用語解説】

SBI証券、スマートフォンサイトの情報を拡充

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする