マネックス証券の米国株取引ツール「トレードステーション」を使った感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネックス証券が2014年2月に、米国株取引ツール「トレードステーション」の提供を開始しています。

「トレードステーション」は、マネックス証券のグループ会社であるアメリカのTradeStation社が開発・提供している、トレーディングプラットフォーム「TradeStation」を、米国株取引ツールとして日本向けに開発ものです。

マネックス証券の米国株取引ですが、2014年1月まではウェブブラウザ型の取引画面しかありませんでした。2014年2月にリリースされた「トレードステーション」はwindowsのパソコンにインストールして使うタイプの株取引ソフトです。

トレードステーションの利用料は無料です。

この米国株取引ツール「トレードステーション」を、私のパソコンにインストールして使ってみました。この記事では、「トレードステーション」の機能と、使用感を報告します。

▼「トレードステーション」の画面

↓TradeStationを起動すると、この画面が表示されるので、IDとパスワードを入力してログインします

monex_TradeStation_review_20140318_001.png

※画像はクリックすることで拡大できます

↓左メニューの「マトリックス」というアイコンをクリックすると、リアルタイムで更新される板(気配値)を見ることが可能です。この気配値は、大手ECNの「BATS Exchange」、「Direct Edge」より配信されているものです。ECNとは電子取引所のことです。

この画像はiPhoneで有名なアップル社の気配値を表示したものです

monex_TradeStation_review_20140318_002.png

↓このソフトでは株取引を注文するときに、通常の成行注文や指値注文の他に、逆指値注文OCO注文などの特殊注文が使えます

monex_TradeStation_review_20140318_003.png

↓左メニューの「チャート分析」というアイコンをクリックすると、株価チャートを見ることができます

monex_TradeStation_review_20140318_004.png

↓株価チャートの画面から、株を発注することが可能です

monex_TradeStation_review_20140318_005.png

↓左メニューの「レーダースクリーン」というアイコンをクリックすると、[銘柄ボード機能]を立ち上げることができます。個別銘柄を登録して一覧で株価を見ることができます

monex_TradeStation_review_20140318_006.png

↓左メニューの「クイックトレードバー」というアイコンをクリックすると、クイックトレードバーという注文画面を起動できます。

monex_TradeStation_review_20140318_007.png

これはFX取引をやったことがある方には説明しやすい発注方法です。クイックトレードバー注文は、FX取引におけるストリーミング注文によく似ています。

FXにおけるストリーミング注文とは、リアルタイムで提示されている価格をクリックし、その瞬間での価格で取引をおこなう注文です。素早い注文ができます。

↓左メニューの「タイム&セールス」というアイコンをクリックすると、歩み値の情報を閲覧することが可能です

monex_TradeStation_review_20140318_008.png

↓左メニューの「ホットリスト」というアイコンをクリックすると、米国株市場における個別銘柄のランキングを見ることができます。下記の画面は、値上がり率が大きい順に個別銘柄を並べたランキングです

monex_TradeStation_review_20140318_009.png

↓左メニューの「検索」というアイコンをクリックすると、上場企業の財務状況などの基礎データを閲覧できます。ただし、全て英語になっています。英語表記ですが、内容は会社四季報日経会社情報に似ています。

monex_TradeStation_review_20140318_010.png

↓左メニューの「ニュース」というアイコンをクリックすると、米国市場に関するニュース記事を閲覧することが可能です

monex_TradeStation_review_20140318_011.png

▼トレードステーションを使用した感想

このツールは、アメリカのトレードステーション証券が開発したものを日本人向けにカスタマイズしたものです。ですから、日本の個人投資家が初めてこのツールを立ち上げたときは、左メニューの「マトリックス」や「レーダースクリーン」といったアイコンの内容がよくわからず、やや戸惑うこともあるかと思います。

ただ、マネックストレーダーなど、日本の証券会社のトレーディングツールを使ったことがある人なら、左メニューのアイコンをクリックしていけば、なんとなくツールの機能が分かってきて、少しずつ操作に慣れていくでしょう。

操作に慣れれば、トレードステーションはかなり機能が豊富なトレードツールであることが分かると思います。個別銘柄の株価チャートを閲覧できますし、リアルタイムで自動更新される板情報(気配値)を見ることも可能です。

通常の成行注文や指値注文の他に、逆指値注文OCO注文などの特殊注文も利用可能です。

リアルタイムの株価情報を見ながら、複雑な発注方法を使える点が、このツールの長所だと感じました。またツールの利用料が無料なのはメリットの一つでしょう。

なお、マネックス証券において、証券総合取引口座の口座開設・維持費は無料です。外国株取引口座の口座開設・維持費も無料です。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

先進の米国株取引ツール ついに正式リリース!!

monex_TradeStation_20140127_001.gif

2014年1月27日(月)より、米国株取引ツール「トレードステーション」の提供を開始いたします。

「トレードステーション」は、当社のグループ会社である米TradeStation社が開発・提供している、トレーディングプラットフォーム「TradeStation」を、米国株取引ツールとして日本向けに開発したオリジナル版となります。

「トレードステーション」について

「トレードステーション」は、先進性、機能性において数々の最高評価を受けてきた、米TradeStation社の根幹とも言える取引ツールです。

マネックス証券の米国株取引は、従来のウェブブラウザ型の取引画面に加えて、ダウンロード型の取引ツールをご提供することで、アクティブなトレードを志向するお客様のご期待にもお応えしてまいります。

monex_TradeStation_20140127_002.gif

2013年10月11日より、先行モニターとしてご利用いただいているお客様にご利用いただいているバージョンも引き続きご利用可能ですが、最新版にアップデートしてご利用いただくことをお奨めします。

「トレードステーション」の特長

取引ツール「トレードステーション」では、従来のウェブ取引画面と比較すると格段に機能、操作性が向上しています。「トレードステーション」の代表的な機能をご紹介します。

【レーダースクリーン】

monex_TradeStation_20140127_003.gif

[銘柄ボード機能]

・ 登録した銘柄の情報を一覧で表示
・ エクセルライクな操作で追加・削除もらくらく
・ シンボルリンク機能で、チャート画面等が連動

【チャート分析】

monex_TradeStation_20140127_004.gif

[チャート分析]

・ 様々なテクニカル分析を自在に設定
・ 他の銘柄や株価指数との比較表示も容易
・ チャートからの取引機能で効率的に発注

【マトリックス】

monex_TradeStation_20140127_005.gif

[発注機能付板情報]

・ 板上をクリックしてスピーディに発注が可能
・ 価格別出来高も、視覚的に把握しやすい
・ 保有株数、評価損益もリアルタイム表示

【ホットリスト】

monex_TradeStation_20140127_006.gif

[銘柄ランキング機能]

・ 価格、売買高、ボラティリティなどでランキング表示
・ リストは30秒毎に自動更新
・ コピー&ペーストでレーダースクリーンにらくらく保存

これらの他にも、米トレードステーション社が開発し、システムトレードの世界ではデファクトスタンダードとして浸透しているプログラミング言語「EasyLanguage」によるプログラムトレード機能など、アクティブにかつ様々な戦略に基づいたトレードに有用な機能を搭載しています。

米国株取引ツール「トレードステーション」のご利用には、外国株取引口座のお申込みが必要です。

 ~~中略~~

「トレードステーション」の動作環境

最小要件 標準ユーザー推奨 パワーユーザー推奨
CPU シングルコアのIntelまたはAMDプロセッサ1.5GHz以上 デュアルコアのIntelまたはAMDプロセッサ2.5GHz以上 デュアル/クアッドコアのIntelまたはAMDプロセッサ 3.0GHz以上
メモリ(RAM) 2GB 2GB~4GB 4GB以上
HDD 5400RPMドライブ
300MB以上の空き容量
SSDまたは7200RPMドライブ
500MB以上の空き容量
SSDまたは7200RPMドライブ
1GB以上の空き容量
ビデオ 16bitグラフィックス
64MBビデオメモリ
32bitグラフィックス
128MBビデオメモリ
32bitグラフィックス
256MBビデオメモリ
モニター 1024×768ピクセル
シングルモニター
1280×1024ピクセル以上
デュアルモニター
1280×1024ピクセル以上
複数台モニター
OS

Windows8(64bit/32bit)

Windows7(64bit/32bit)

Windows VistaSP2(64bit/32bit)

Windows8(64bit/32bit)

Windows7(64bit/32bit)

Windows8(64bit)

Windows7(64bit)

ブラウザ Microsoft Internet Explorer 7以降 Microsoft Internet Explorer (最新版) Microsoft Internet Explorer (最新版)
インターネット接続 ブロードバンド接続
1.5Mbps以上
ブロードバンド接続
3Mbps以上
ブロードバンド接続
6Mbps以上

※ 上記環境を満たしても、お客様固有の環境理由によりご利用いただけない場合がありますので、ご了承ください。

~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

マネックス証券、「米国株 手数料キャッシュバック キャンペーン」実施中

マネックス証券、米国投資情報『バロンズ拾い読み』の無料提供を開始

マネックス証券のメリットとは

マネックス証券、米国株取引の手数料を改定

マネックス証券で米国株の特定口座対応が2013年12月16日から開始

マネックス証券、米国株取引にツイン指値注文と連続注文を導入

米国株を買えるネット証券3社の比較

未成年(20歳未満)でも株取引の口座を作ることができる証券会社

マネックス証券、iPhone向け株式取引アプリ「マネックストレーダー スマートフォン(iPhone)」をリリース

マネックス証券、マネックストレーダー スマートフォン Android版をリリース

「マネックストレーダー for iPad」を使った感想 【レビュー】

マネックスグループ、米トレードステーション社株式の公開買付け

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする