マーケットスピードで「フィスコ社の日経225先物関連ニュース」の提供開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月21日、楽天証券が「フィスコ社が配信する日経225先物関連のニュース」をマーケットスピードVer7.1で提供開始しました。

今回提供開始となったマーケットスピードVer7.1の先物オプション関連ニュースでは、取引時間前には海外株式情報、シンガポールやアメリカで取引されている日経平均先物の動向に関するニュースを見ることができます。

また取引時間中には、主要銘柄の動向、大口売買動向、アジア市場の動向など、指数の値動きに影響する情報等をリアルタイムで見ることができます。その他、手口情報や投資主体別売買動向、裁定残動向やオプション建玉動向などの市場データが随時配信されます。

なお、先物オプション関連ニュースの利用料は無料です。先物・オプション口座を開設していない個人投資家でも、楽天証券の株取引口座を開設しマーケットスピードを使えば、先物オプション関連ニュースを読むことが可能です。

ちなみに、マーケットスピードの利用料は有料ですが、株を取引するとマーケットスピードは利用料が3ヶ月間無料になります。

また、楽天証券では口座開設後3ヶ月間、「いちにち定額コース」の約定代金20万円以下の株取引手数料は無料になるのですが、その取引はマーケットスピードの無料利用条件としてカウントされます。

よって、マーケットスピードを試しに使ってみたい人は、「いちにち定額コース」でモスインスティテュート 【ヘラクレス:2316】 のような安い株を売買すればいいと思います。実質数百円でマーケットスピードを3ケ月利用することが可能になります。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~

フィスコ社が配信する先物・オプション関連のニュースをマーケットスピードVer7.1から提供開始!

今回、新たにサービスを開始する「先物・オプション関連ニュース」では、取引時間前には海外株式情報、 シンガポールやアメリカで取引されている日経平均先物の動向など、寄付前に入手しておきたい情報をいち 早くご覧いただくことができます。

また取引時間中には、主要銘柄の動向、大口売買動向、アジア市場の 動向など、指数の値動きに影響する情報等をリアルタイムで配信いたします。

その他、手口情報や投資主体別売買動向、裁定残動向やオプション建玉動向などの市場データも随時配信 してまいりますので、先物・オプションをお取引なさっているお客様以外の方でも、相場の見通しを立てる上で 有効なコンテンツとしてご活用いただけます。

なお、利用料は無料です。先物・オプション口座をお持ちでないお客様もご覧いただけます。

■ 主な配信情報





























































記事カテゴリ 配信時間(目安) 配信頻度
外資系注文状況 8:00~8:30 1本/日
225種先物プロファイル 9:00~16:00 約10本/日
225先物 ロングプロファイル分析・テクニカル指標 不定期 7~9本/日
TOPIX先物 短期プロファイル分析・テクニカル指標 不定期 7~9本/日
投資主体別売買動向 通常は金曜日朝 1本/週
※1 先物OP市場ウォッチ 7:00~19:00 約25本/日
※2 先物OP市場データ 7:30~8:30 1~4本/日
バスケット動向 9:00~12:35 3本/日
日経225・本日の想定レンジ 7:30 1本/日
日経225・テクニカルコメント 15:30 1本/日
日経平均寄与度ランキング 11:00~16:30 1本/日

※1 先物OP市場ウォッチの詳細















































































  記事カテゴリ 配信時間(目安) 配信頻度
1 CME225先物概況 7:00~7:30 1本/日
2 今日の見通し 7:30~8:00 1本/日
3 225先物支持線・抵抗線 7:30~8:00 1本/日
4 SGXオープニング概況 8:30~9:00 1本/日
5 SGX後場オープニング概況 12:15~12:30 1本/日
6 大阪イブニング概況 16:30~19:00 2~3本/日
7 大阪先物オープニング概況 9:00~9:30 1本/日
8 大阪先物前場クロージング概況 11:00~11:30 1本/日
9 大阪先物後場オープニング概況 12:30~13:00 1本/日
10 大阪先物クロージング概況 15:20~16:00 1本/日
11 SGXザラバ概況 8:30~17:00 3~5本/日
12 先物ザラバ概況 9:00~16:30 5~8本/日

※2 先物OP市場データ の詳細





































記事カテゴリ 配信時間(目安) 配信頻度
1 先物OP手口コメント 7:30~8:00 1本/日
2 SQ動向 8:00 SQ週のみ毎日 1本/日
3 裁定残動向 木曜 朝 1本/週
4 オプション情報 8:30まで 1本/日
5 オプション建玉ランキング 火曜 朝 1本/週

提供チャネル:マーケットスピードVer7.1以上 「ニュース」⇒「先物OP関連」をご覧下さい。

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

楽天証券、マーケットスピードVer7.1を4月20日にリリース

楽天証券、4月21日から夜間取引を開始

楽天証券、ツールバー型発注ツール「MARKET SPEED Nano」を3月にリリース

楽天証券、マーケットスピード無料利用条件緩和キャンペーン実施

ジェイコム20億男BNF氏が楽天証券を使う理由とは?

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする