村上ファンドがTBS株の大半売り抜け 楽天にも影響か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月15日、村上世彰氏が率いる村上ファンドが、9月末時点で発行済み株式総数の7・45%を取得していたTBS株の大部分を、10月末までに売却していたことが、15日に同ファンドが関東財務局に提出した大量保有報告書で明らかになりました。
以下、産経新聞の記事です。

TBS株の大半売り抜け 村上氏、100億円超の利益
村上世彰(むらかみ・よしあき)氏が率いる投資ファンド「村上ファンド」が、保有するTBS株式を大量売却し、保有割合が9月末の7.45%から10月末時点では0.52%に低下したことが15日、関東財務局に提出された大量保有報告書で明らかになった。TBSの株価が急上昇した10月中に一気に売り抜け、数カ月で100億円超の巨額売却益を得たとみられる。
 TBSと楽天の攻防で「キャスチングボートを握る」との見方もあった村上ファンドの「戦線離脱」で、不安材料が減ったTBSは今後、より強気の姿勢で楽天との交渉に臨むことになる。

また、村上氏はダイナシティの株も売却していました。
そして、今度は松坂屋の株に目をつけたようです。以下、日経新聞の記事からの抜粋です。

村上ファンドの株保有巡り株価明暗・松坂屋株とTBS株
15日の東京株式市場では、村上世彰氏が率いる投資ファンドの株保有を巡り株価に明暗が分かれた。松坂屋株は取引開始直後から急騰。値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比100円高の1011円で買い気配となり、大引けで比例配分された。村上ファンドが8月末時点で3%強を保有する第4位の大株主になったとの報道を受けて、先高期待から個人投資家の買いが殺到した。

村上ファンドのTBSの売り抜けのタイミングには感心させられますね。
阪神電鉄やドリームテクノロジーズの株はどうするつもりなのでしょうか。今後も目が離せません。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする