ゲーム業界における業界用語「IP」とは 【株式用語解説】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

smartphone_game_pad_thumbnail

  • IP (あいぴー)
  • 【同義語:intellectual property(インテレクチュアルプロパティ) = 知的財産(ちてきざいさん)】

最近、株式投資関連のニュースやゲーム業界関連のニュースで、「任天堂が自社のIPを活用したスマホ向けゲームアプリをDeNAと共同開発」といった見出しや、「バンダイナムコ社が集英社の大型IPを獲得。スマホゲームを配信」といった見出しを目にすることがあります。

ここでいう「IP」とは知的財産のことです。IPアドレスではありません。

知的財産とは簡単にいうと「価値がある情報」のことです。最近ではあまり使われませんが、無形資産あるいは無体財産という言い方のほうがわかりやすいでしょう。

例えば、本に書かれた内容、ゲームのソフトは「著作物」であり、著名なブランドは「商標」であり、車のデザインは「意匠」であり、新しい技術的なアイデアは「発明」であり、これらは全て「知的財産」です。

国家試験 知的財産管理技能検定ウェブサイトより抜粋

さて、ゲーム業界で「IP」というと、漫画やアニメやゲームの版権(著作権)を指すことが多くなっています。

この記事の冒頭で例として挙げたニュースの見出しを意訳してみました↓

例1) 任天堂が自社のIPを活用したスマホ向けゲームアプリをDeNAと共同開発

 意訳1) 任天堂が自社のゲームキャラクターであるマリオなどを活用したスマホ向けゲームアプリを、DeNAと共同開発を行うことになった。

例2) バンダイナムコ社が集英社の大型IPを獲得。スマホゲームを配信

 意訳2) バンダイナムコ社が集英社の有名漫画であるONE PIECEの版権を獲得。ONE PIECEを題材にしたスマートフォン向けゲームを配信することになった。

というわけで、株式投資やゲーム業界関連のニュースで「IP」という用語を目にしたときに、IPアドレスが頭に浮かんで文脈が意味不明になったら、「知的財産」という言葉を思い出してください。

そうすれば、「ここでいうIPとは過去の作品やキャラクターの意味だな」といった風に、文脈が理解できるでしょう。

▼参考サイト

特許・意匠・商標の違い、5分で理解する知財の基礎用語

主要IPのご紹介 – バンダイナムコホールディングスのウェブサイト

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする