「kabuマシーン」の最新版Ver9.20がリリース、イブニング・セッションに対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブドットコム証券には「kabuマシーン」というパソコン向けのトレーディングツールがあります。「kabuマシーン」では株や日経225先物などの取引ができます。

カブドットコム証券が11月14日に「kabuマシーン」をバージョンアップすると発表しました。最新版であるVer9.20では、板発注画面が自動売買(逆指値W指値)に対応します。

また、外国為替や海外株価指数の情報やチャート機能も拡充されます。さらに、20時まで取引時間が延長された日経225先物のイブニング・セッションにも完全対応します。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~

2008年11月13日

「kabuマシーン」Ver9.20、板発注画面が自動売買(逆指値・W指値)に対応
~ 為替・海外市場の情報やチャートを拡充/大証イブニング時間延長完全対応 ~

カブドットコム証券株式会社は、2008年11月14日(金)に、トレーディング・ツール「kabuマシーン」の「板発注画面」を自動売買(逆指値・W指値)に対応するなどバージョンアップを行います(Ver9.20)。その他にも、外国為替や海外株価指数の情報やチャートを拡充し、20時まで時間延長された大証イブニング・セッションへも完全対応します。

■kabuマシーンVer9.20 2008年11月14日(金)夕刻以降リリース予定
リアルタイムに変動する板画面から「逆指値」「W指値」が可能に!

カブドットコム証券のトレーディング・ツール「kabuマシーン」は、リアルタイムに変動する板画面と発注画面をドッキングし、板に直接ご自身の注文数をご入力いただくことができ、直感的でミスが少なく、よりスピーディな発注が行える「板発注画面」を提供しておりますが、今回のバージョンアップでリスク管理に役立つ自動売買の内、「逆指値」「W指値」のご注文が可能になります。

■その他のバージョンアップの概要






















大証イブニング・セッション完全対応

大証イブニング・セッションの時間延長(変更後16:30~20:00)に対応し、ミニチャートやチャート時間ラベルを調整します。
「マネービュー」に3通貨追加

・英ポンド/円(GBP/JPY)

・スイスフラン/円(CHF/JPY)

・ユーロ/米ドル(EUR/USD) を追加。

更新タイミングは、

kabuマシーンのサービス時間帯(7:00~26:00)、1分更新
「マーケットビュー」-「モーニングナビゲーション」へのチャート画面、 「その他市場終値(外国株価指数)」の追加

・従来のサマリー画面に加え、4 指数のチャートから構成されるチャート画面を2 画面追加します。

(1) NY ダウ、S&P500、NASDAQ、ET300

(2) 上海 B 株、ムンバイ SENSEX、ロシア RTS、ブラジル ボベスパ

・「その他市場終値」5外国株価指数の追加

上海 B 株、ムンバイ SENSEX、ロシア RTS、ブラジル ボベスパ、ベトナムVN
「マーケットビュー」-「フォレックスナビゲーション」にチャート、通貨を追加

・従来のサマリー画面に加え、4 通貨のチャートから構成されるチャート画面を3 画面追加します。

(1)USD/JPY,EUR/USD,GBP/USD,AUD/USD

(2)USD/JPY,EUR/JPY,GBP/JPY,CHF/JPY

(3)AUD/JPY,NZD/JPY,CAD/JPY,SGD/JPY

・通貨の追加(対円)

南アフリカランド、ロシアルーブル、タイバーツ、中国元、韓国ウォン



更新タイミングは、

kabuマシーンのサービス時間帯(7:00~26:00)、1分更新

大証 一時留保措置対応

11/4 大証導入の現値ステイタス「一時留保措置」に対応
一時留保 :「留保」、一時留保解除:「留解」

オプションカルク・マトリクスにおける金利データの変更

金利データの初期値を東京金融取引所の「ユーロ円金利3 ヶ月物 先物」から全銀協TIBOR の「日本円金利3 ヶ月物」に変更

■ 新機能追加でもkabuマシーンの利用料はそのまま。
kabuマシーンの利用料金は、お取引の状況によって毎月の利用料金が異なります。

















前月の取引手数料取扱実績 月額利用料金(税込)
5万円以上~ 0円(割引2,520円)
2,000円以上~5万円未満 1,890円(割引630円)
~2,000円未満 2,520円(割引0円)

※ 前月の取引手数料取扱実績とは、前月にお支払いいただいた全取引の税引後の取引手数料の合計を指します。【例】 7月の手数料実績 5,000円 =8月の利用料金は1,890円(税込)
8月の手数料実績 1,000円 =9月の利用料金は2,520円(税込)
9月の手数料実績 12万円 =10月の利用料金は0円

■ 初回お申込時は翌月末まで【無料】でご利用いただけます。
はじめてkabuマシーンをお申込いただくと、翌月末まで【無料】でご利用いただけます。

1ヶ月以上無料でご利用いただけますので、kabuマシーンの豊富な機能をご堪能いただけます。

~~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~~

初めてkabuマシーンの利用申込をすると、利用申込から翌月末まで無料で使用できるので、興味がある人は試してみてはいかがでしょうか。

▼関連記事

マーケットスピードが7.2にバージョンアップ、大証イブニングセッション取引時間延長に対応

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年3月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年2月28日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする