HYPER E*TRADEとHYPER MOBILEが夜間取引の発注に対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008.4.1 Last Update!

SBIイー・トレード証券にはパソコン用トレーディングツールの「HYPER E*TRADE」と携帯電話向けトレーディングツールの「HYPER MOBILE」というソフトがあります。

3月31日から、HYPER E*TRADEとHYPER MOBILEが夜間取引市場(ジャパンネクストPTS)に対応しました。

HYPER E*TRADE(通称HET)は夜間取引で下記の操作ができるようになりました。

  1. 株の買い注文、売り注文
  2. 株価(気配値)の確認・・・気配値は自動更新
  3. 歩み値の確認
  4. チャートの確認・・・1分足、5分足、15分足、1時間足、ティック足を見ることが可能

HYPER E*TRADEを使えば自動更新される気配値を見ることができるので、株価を確認する作業がかなり楽になりました。今までPTSのリアルタイムの株価を見るために 、SBIイートレード証券のウェブサイトでいちいち確認 を取っていたのですが、
その煩わしさから解放されました。

ちなみに、SBIイートレード証券の株の夜間取引はジャパンネクストPTSで行われています。

以下、SBIイートレード証券のウェブサイトからの抜粋です。

HYPER E*TRADE、アプリ携帯端末でのPTS夜間取引対応のお知らせ

3/31(月)(予定)夜間より、HYPER E*TRADE、携帯端末 HYPER MOBILE、同LiteでのPTS夜間取引対応をいたします。

同日(予定)より、PTS夜間取引の取引時間が従来の19:00~23:59に加え、24:30~26:00まで(金曜日及び祝日前営業日の夜間を除く)延長されます。

延長実施初日より、HYPER E*TRADE、携帯端末 HYPER MOBILE、同LiteでのPTS夜間取引が可能となります。

PTS夜間取引は毎営業日15:00までにお申し込み(無料)いただき、当社にて受付確認が完了いたしますと、当日夜間からお取引いただけます。

■「取引スライドイン」画面からPTS夜間取引のご注文が可能
PTS夜間取引のご注文は、「登録銘柄」・「保有証券」・「注文一覧」画面の「取引スライドイン」画面から可能となります。 「取引スライドイン」画面は、各画面の「2行表示」「1行表示」形式の選択時に表示できます。

※「取引ポップアップ」・「取引ポップアップ(簡易)」・「個別銘柄」画面では、PTS夜間取引の株価等のご確認、新規注文のご発注はできません。発注済みのPTS夜間取引注文の訂正・取消は可能ですが、表示されるクォート、気配、歩み等は取引所のデータが表示されますので、ご注文の際は発注先市場に十分ご留意ください。

HYPER E*TRADE取引画面別のPTS対応状況































PTSの株価等の表示 PTSの新規注文 PTS注文の訂正・取消
個別銘柄 × ×
取引ポップアップ × ×
取引ポップアップ(簡易) × ×
取引スライドイン

■「登録銘柄」の「2行表示」・「1行表示」画面にPTS夜間取引銘柄のご登録が可能

「登録銘柄」 の「2行表示」・「1行表示」画面にPTS夜間取引銘柄のご登録が可能となります。PTS夜間取引の株価等のデータをご覧いただけます。「銘柄追加」または「登録銘柄編集」ボタンをクリックすると表示される画面にて、「市場」のプルダウンから「PTS」をご選択ください。

※「登録銘柄」・「保有証券」・「注文一覧」の「コンビ」「タイル小」「タイル大」画面では、 PTS夜間取引の株価等のデータは表示されません。

※ご登録いただいたPTS夜間取引銘柄をクリックすると表示される、「個別銘柄」画面・「取引ポップアップ」画面では、 PTS夜間取引の株価等のご確認、 新規注文のご発注はできません。発注済みのPTS夜間取引注文の訂正・取消は可能ですが、表示されるクォート、気配、歩み等は取引所のデータが表示されますので、ご注文の際は発注先市場に十分ご留意ください。

※「チャート」画面、「時系列」画面等におきましても、PTS夜間取引のデータは表示されません。

※PTS夜間取引の対応に伴い、HYPER E*TRADEの毎日のメンテナンス(接続停止)時間が、現在の3:00と21:00から3:00と16:00に変更となります。

携帯端末 HYPER MOBILE、同LiteでのPTS夜間取引対応

市場プルダウンにて「PTS」を選択いただくことにより、取引所取引銘柄と同様の株価等の表示、ご注文が可能です。

※株ケータイはPTS夜間取引に対応済みです。

以上

▼関連記事

現在、株の夜間取引ができるのはSBI証券だけです

夜間取引市場 関連ニュース

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする