トレーディング・ツール「kabuマシーン」に板発注画面が追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブドットコム証券には「kabuマシーン」というパソコン向けのトレーディングツールがあります。「kabuマシーン」では株や日経225先物などの取引ができます。

カブドットコム証券が、2008年6月13日から、「kabuマシーン」に「板発注」画面を追加すると発表しました。板に直接の注文数を入力することができるようになり、直感的でスピーディな発注が行えるようになります。

また、カブドットコム証券は、kabuマシーンの利用料が誰でも翌月まで無料になる「板発注使ってみようキャンペーン」を2008年7月1日~9月末まで実施します。

通常kabuマシーン初回利用申込時のみに適用している「申込翌月末まで無料」サービスを、過去にkabuマシーンの申込実績がありその後解約し現在未使用の人でも、初回の人と同様に適用します。

現在、同じ内容のキャンペーンである「kabuマシーン使ってみようキャンペーン!」が6月30日まで実施中でして、これが9月末まで延長となるわけです。

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~

2008年6月11日

2008年6月13日(金)「kabuマシーン」に板発注画面が登場
~ ver9.0へバージョンアップ/既存の発注画面に加え、売買板からの発注を実現! ~

カブドットコム証券株式会社は、2008年6月13日(金)から、トレーディング・ツール「kabuマシーン」に「板発注」画面を追加いたします。また、2008年7月1日(火)から、初回お申込時だけでなく以前にご利用いただき現在未利用の方も「お申込翌月末まで無料」サービスの対象となる等の「板発注使ってみようキャンペーン」を実施いたします。

■kabuマシーンVer9.0 2008年6月13日(金)夕刻以降リリース予定
・ お取引画面に、リアルタイムに変動する板画面から発注する方式を追加(特許出願中)

リアルタイムに変動する板画面と発注画面をドッキングしGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を改善。板に直接ご自身の注文数をご入力いただくことができ、直感的でミスが少なく、よりスピーディな発注が行えます。「約定注文照会」の未約定(注文中)の注文明細を、板画面から訂正・取消するとこも可能です。

例えば、指値の買い注文の場合、発注したい価格の買い注文数欄に注文数を入力し発注ボタンをクリック。

  ~~~中略~~~

■板発注使ってみようキャンペーン












期間 2008年7月1日(火)~9月30日(火)
内容 【1】「お申込翌月末まで無料」サービスを拡大適用!

通常はkabuマシーン初回お申込時のみに適用している「お申込翌月末まで無料」サービスを、過去にkabuマシーンのお申込実績がありその後解約し現在未使用の方でも、初回の方と同様に「お申込翌月末まで無料」とさせていただきます。継続的に進化を続けてきたkabuマシーンをこの機会にぜひご活用ください。
※3/14(金)からの「kabuマシーン使ってみようキャンペーン!」は6/30(月)まで実施しております。

※対象は、2008年2月末までにkabuマシーンのお申込及び解約をされたお客さま、及び、kabuマシーンを初めてお申込されるお客さまです。2008年3月以降に解約されたお客さまには適用されません。

※初回引落日は翌々月の6営業日目になります。以降、毎月6営業日目に利用料金の引き落としを行います。

※解約のお申込があるまでご利用の有無にかかわらずご利用契約は自動更新されます。解約は解約お申込日の翌月から適用されます。
【2】ご利用中のお客さまに抽選でプレゼント!

期間中に、kabuマシーンのご利用料金をお支払いいただいたお客さまの中から抽選で、
・ 200名様に、現金1000円プレゼント

・ 50名様に、書籍「「超優良株で資産をつくる! 世界一シンプルな投資戦略(山田勉著)」をプレゼント

※2008年10月に、当選者の証券口座へご入金、または、ご登録住所にお送りします。

※当キャンペーンに当選された方は、当社の実施する他のキャンペーンに参加できない場合がございます。当選の発表は、入金または発送をもって代えさせていただきます。

~~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~~

9月末まで、初めてのユーザーだけでなく、昔kabuマシーンを使っていたけれども今は使っていないユーザーも再びカブマシーンの利用を申し込めば翌月末まで利用料が無料になるキャンペーンが実施されているので、kabuマシーンに今日がある人はこの機会に使ってみてはいかがでしょうか。

▼関連記事

マーケットスピードVer7.0の詳細について

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする