楽天証券、4月21日から夜間取引を開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SBIイー・トレード証券クリック証券が参加しているジャパンネクストPTSという夜間取引市場があります。

以前からこの夜間取引市場に参入を表明していた楽天証券ですが、今日、参入時期が4月21日になると発表しました。4月21日から19:00~23:59の時間帯で、現物株の取引ができるようになる予定です。

SBIイー・トレード証券では、19:00~23:59の時間帯に加え24:30~26:00の間も株取引ができます。しかし、楽天証券とクリック証券では今のところ24:30~26:00の取引ができません。

以下、楽天証券が今日配信したメールマガジンからの抜粋です。

【楽天証券ニュース号外】 ☆PTS取引(夜間取引)4月21日(月)開始予定! 

~~~前略~~~

楽天証券では、SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営 するPTS(Proprietary Trading System:私設取引システム)での夜間取引を4月21日(月)から開始する予定です。

★夜もお取引ができます!
日中は仕事で株価が見られない、ゆっくり落ち着いて取引できないというお客様も楽天証券PTS取引(夜間取引)は19:00~23:59までお取引ができます。

・取扱銘柄数は、東証、大証、ジャスダック等の約4,000銘柄。

・PTS取引(夜間取引)でお買付、翌日に各取引所で売却することが可能です。

     
★海外市況を見ながらお取引ができます!

PTS取引(夜間取引)を利用すれば、ニューヨーク(NYSE,NASQAQ)の相場動向を先取りし、機動的な売買をすることができます。

★大引け後に発表された決算、個別材料を見てお取引ができます!

各取引所の大引後に決算発表や個別材料が出た銘柄を、翌日の取引所での取引が始まる前に、お取引いただくことができます。 

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

PTS(夜間取引)4月中旬開始予定!

 楽天証券では、SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営するPTS (Proprietary Trading System:私設取引システム)での夜間取引を開始いたします。

 お取引はマーケットスピード バージョン7.1以降(4月中旬リリース予定)(マーケットスピード ナノは当面未対応)

























































PTS運営会社 SBIジャパンネクスト
取扱銘柄 当社取扱銘柄のうち、SBIジャパンネクスト証券株式会社が指定する銘柄。

※当社では取扱わない銘柄もございます。
取引の種類 現物取引
取引時間 毎営業日19:00~23:59

※取引所半休日は運営休止となります。
注文受付時間 19:00~23:59(PTS取引時間中のみ)
注文方法及び種類 価格:「指値」注文のみ

※「成行」・「執行条件付」・「逆指値」注文は発注できません。有効期限:「当日中のみ」
売買価格の決定方法 顧客指値対当方式
制限値幅 原則、取引所の最終基準値段を基に決定
売買単位 発行会社の定める1単元の株式数
呼値 取引所に準じます
約定日 売買成立日
受渡日 約定日から起算して5営業日が受渡日となります。翌営業日が取引所における売買において権利落ち日となる銘柄は、約定日から起算して6営業日目が受渡日となります。
売買停止及び制御 PTSでは独自のルールにより、売買の停止または制御が行われる場合がございます。
取引チャネル マーケットスピード バージョン7.1以降

PTS(夜間取引)をはじめるには、お申込み手続きが必要です。お手続きについては、サービス開始前にあらためてご案内いたします。

■PTS(夜間取引)手数料

・1回の約定ごとに手数料がかかります。
・取引のない日は、手数料はかかりません。
・PTS専用手数料のためお客様が選択されているコースにかかわらず下記の手数料をお支払いいただきます。

(税込)
























約定代金 現物取引
30万円まで 472円/1回
50万円まで
100万円まで 840円/1回
150万円まで 1,050円/1回
150万円超 1,575円/1回

夜間取引開始の時期にあわせて、マーケットスピードがバージョンアップし夜間取引対応となるとのことです。

マーケットスピードの出来栄えには期待したいところですが、楽天証券の夜間取引の手数料はちょっと高いですね。クリック証券のように安くしてもらいたいものです。

あと、なるべく早く24:30~26:00の取引にも対応してもらいたいところです。

関連記事

ジャパンネクストPTS、カブドットコムPTS、マネックスナイターの比較

夜間取引市場 関連ニュース

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする