ライブスター証券、「株価ボード」にチャートボードやヒートマップを追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブスター証券には、個別銘柄のリアルタイムの株価を一覧で表示できる「株価ボード」というサービスがあります。株価ボードの利用料は無料です。

2014年6月14日、この株価ボードに「チャートボード機能」と「ヒートマップ機能」が追加されました。

また、同日からライブスター証券の株式取引システムのウェブ版が改善され、Firefox、Chrome、Safari(apple社OS用)でも使えるようになりました(推奨環境に追加されました)。

それに伴い、「株価ボード」もFirefox、Chrome、Safariで使えるようになっています。

以下、ライブスター証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~

14/06/16 証券取引システムに関するご要望への対応状況のお知らせライブスター証券

システムリリースに関するお知らせを更新しましたのでご案内いたします。

今後も取引システムを改善する予定であり、お客様からのご要望への対応状況等は、随時更新させていただきます。

対応内容

■「株価ボード」「先物オプションボード」のFirefox、Chrome、Safari対応
■「株価ボード」へのチャートボード・ヒートマップ機能追加
■livestar WEB(Web版)の推奨環境にFirefox、Chrome、Safari(apple社OS用)を追加

【対応日時】
2014年6月14日(土)

~~以上、ライブスター証券のウェブサイトからの抜粋~~

新しく追加された「チャートボード機能」の画面は、こんな感じです。私のパソコンに表示させたチャートボードの画面を取り込みました↓

livestar_chartboard_001.png

チャートボードは、「多くの銘柄の株価チャートを一気に見たい」という個人投資家向けのサービスといえます。

また、新しく追加された「ヒートマップ機能」の画面は、こんな感じです。以下の画像はライブスター証券のウェブサイトからの抜粋です↓

livestar_chartboard_002.jpg

ヒートマップでは、株価が上昇している銘柄と下落している銘柄が、色分けされて表示されます。

よって、たとえば自動車株、ソーシャルゲーム関連株、通信株、製薬株など、業種ごとに銘柄を分けて登録しておけば、その日、どの業種に勢いがあって、どの業種に勢いがないのか判断しやすくなるでしょう。

▼関連記事

ライブスター証券のメリットとは

ライブスター証券、全商品 取引手数料「0円」キャンペーン実施中

ライブスター証券、現物株取引の手数料を改定

ライブスター証券の手数料

livestarR(ダウンロード版)のメリットとは

ライブスター証券が新しい証券取引システムを導入、逆指値注文にS指値・M成行・M指値を追加

ライブスター証券、「livestar QUICK情報」を提供開始【無料】

ライブスター証券の「livestar S iPhone版」を使った感想

ライブスター証券の「livestar S Android版」を使った感想 【Android向け株式トレーディングアプリ】

ライブスター証券のスマホ用株取引アプリ、逆指値などの特殊注文に対応

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする