カブドットコム証券、「一般信用(売短)」の貸株料を3.9%に引き下げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年2月16日に、カブドットコム証券が自社の一般信用取引に、返済期限最長13日間で売建専用の「一般信用(売短)」サービスをリリースしました。

この「一般信用(売短)」では、返済期限を限定することにより、通常では株式を調達しにくい銘柄まで空売りすることが可能です。

「一般信用(売短)」の貸株料は今まで年率5.4%でしたが、2012年9月1日から年率3.9%に値下がりします。

「一般信用(売短)」の主な用途ですが、クロス取引を利用した「株主優待のタダ取り」です。クロス取引を利用した「株主優待のタダ取り」のやり方を詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

「配当・株主優待の権利取り最終日」についての解説 【2012年版】

制度信用取引空売りをすると逆日歩が発生したときにダメージを受けますが、「一般信用(売短)」を使えば逆日歩が発生することはありません。

以下、「従来の一般信用取引を使った空売り」と「一般信用(売短)を使った空売り」の比較表です。

▼「従来の一般信用取引を使った空売り」と「一般信用(売短)を使った空売り」の比較

従来の一般信用取引を使った空売り 一般信用(売短)を使った空売り
使える証券会社 カブドットコム証券松井証券など
建玉を保有できる期間

カブドットコム証券は最長3年

松井証券は原則無期限

返済期限は最長13日
取扱い銘柄数

カブドットコム証券は1,420銘柄

松井証券は531銘柄

698銘柄
貸株料

カブドットコム証券は年率1.5%

松井証券は年率2.0%

年率3.9%

(2012年9月1日より)

以下、2012年2月16日のカブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

2012年2月16日

「一般信用(売短)」開始・非貸借581銘柄を含む2,196銘柄が一般信用売建可能に

カブドットコム証券株式会社は、2012年2月16日(木)から、返済期限最長13日間で売建専用の「一般信用(売短)」サービスを以下の730銘柄で開始いたします。これにより、既存の「一般信用(長期)」の売建可能銘柄1,466銘柄(2012年2月16日時点)と合わせて、業界最多の2,196銘柄が一般信用取引で売建可能となります(内非貸借銘柄は581銘柄)

 ~~中略~~

● 主要ネット証券一般信用売建可能銘柄数

一般信用
売建可能銘柄数
カブドットコム 松井 SBI 楽天 マネックス

約2,196銘柄

※一般信用(売短)追加後

512銘柄 × × ×

※2012年2月16日時点の各社ホームページを参照し当社作成。

● 一般信用(売短)のポイント

  • 売建のみ、返済期限は最長13日(新規建て日の14日目応当日の前営業日)。休業日等により短くなる場合も。
  • 対象銘柄は、これまで一般信用で売建しにくかった銘柄中心に730銘柄より開始。
  • 手数料は当社通常の信用取引手数料と同じ。
  • 貸株料は5.4%。株式調達コストが増加するため一般信用(長期)よりも高くなるがリーズナブルな水準に抑制。
  • 一般信用だから売建ても逆日歩が発生しない。株主優待狙い等でのツナギ売りに適している。

一般信用(売短)の詳細は、2012年1月24日の当社プレスリリース「業界初「一般信用(売短)」スタート。一般信用売建可能銘柄は約2,000銘柄に拡大【PDF】」をご覧ください。

<一般信用(売短)における返済期日に関するご注意>
 一般信用(売短)の返済期日は、新規建を行った日の14日目応答日の前営業日となります。当社返済期日までにお客さまが信用建玉を手仕舞われなかった場合には、その建玉については当社の任意によりお客さまの計算で反対売買による差金決済もしくは現物決済(品受・品渡)による方法にて手仕舞いさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

返済期日の日数は休業日も数えます。返済期日(13日目)または14日目が休業日の場合、返済期日が繰り上がりますので、連休がある場合等、日数が大幅に短くなる場合が有ります。

~~以上、2012年2月16日のカブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~

~~以下、2012年8月16日のカブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~

2012年8月16日

一般信用【売短】貸株料を3.9%に引き下げ・SNSによる銘柄リクエストや調達速報配信開始
~ 一般信用売建注文を、公平性を踏まえ、お申込み受付後に抽選する方法に変更 ~

カブドットコム証券株式会社は、2012年9月1日(土)(予定)適用分から、一般信用(売短)取引の貸株料を5.4%から3.9%に引き下げます。これに先立ち、2012年8月17日(金)から、当社が運営するナレッジコミュニティ「教えて!kabu.com」にて一般信用売建可能な取扱銘柄リクエストの受付を開始し、リクエストに最大限お応えするよう調達に努めます。

さらに、通常毎営業日19:00に公表している翌営業日の一般信用売建可能銘柄のうち、一部の注目銘柄を、優待銘柄調達速報として「KABU.PRESS(ブログ)」にいち早く(18:30頃)提示いたします。

また、一般信用取引の在庫数量に制限のある銘柄の新規売建注文の受付について、従来は先着順としておりましたが、ご注文の集中しやすい銘柄については、公平性を踏まえ、2012年8月17日(金)(取引日8月20日(月))より、お申込み受け付け後に抽選により配分する方法へ変更いたします。

当社では、建玉残高や新規建約定代金に応じて手数料が無料に、かつ信用買方金利を優遇する「信用プラチナプラン」「信用ゴールドプラン」の新設により証券業界最低水準の正規の低コストを実現、API公開でシステムトレードに対応するなど業界最高レベルの信用取引サービスを提供して参りました。引き続き投資家ニーズにお応えできるよう尽力して参ります。

●一般信用(売短)の貸株料を引き下げ 2012年9月1日(土)適用分から

一般信用(売短)貸株料を5.4%(年率)から3.9%(年率)に引き下げます。

変更後 変更前
一般信用(売短)貸株料 3.9% 5.4%

一般信用(長期/返済期限3年)の貸株料は1.5%(年率)のまま変更ありません。

●一般信用(売短)とは

一般信用(売短)取引は、返済期限最長13日間の一般信用取引売建てサービスです。返済期限を最長13日に限定することにより、従来では売り建てができなかった銘柄の売り建てが可能になっています。当社では、制度信用取引では売り建てできない非貸借銘柄を含む、ネット証券最多の約2,200銘柄が、一般信用取引(長期・短期)で売り建てが可能で、そのうちの約700銘柄が(売短)です。

<一般信用(売短)の特徴>
・逆日歩が無く、株主優待のツナギ売りに適している。
・制度信用取引では売り建てできない非貸借銘柄も売り建て可能。
・短期・長期あわせて約2,200銘柄売り建て可能。
・全面安の急落相場や全面高の暴騰相場でリスクを限定するロング&ショート戦略に適している。

(ご参考・主要ネット証券の一般信用新規売建可能銘柄数)

一般信用
売建可能銘柄数
カブドットコム証券 松井証券 SBI証券 楽天証券 マネックス証券

2,118銘柄

※一般信用(売短・長期)合計

531銘柄 × × ×

※2012年8月16日時点の各社ホームページを参照し当社作成。

●ナレッジコミュニティ「教えて!kabu.com」で一般信用売建の銘柄リクエストを随時受付

制度信用でも一般信用でも売り建てできない銘柄をどうしても売り建てしたい!他社でも売り建てできないからなんとかカブドットコム証券で売り建てできるようにしてもらえないか?といったお客さまの銘柄リクエストを、当社が運営するナレッジコミュニティ「教えて!kabu.com」にて随時受付いたします。リクエストいたただいた銘柄は、調達するべく最大限努力いたします。

※売り規制銘柄・ファイナンス銘柄は除きます。
※リクエストにお応えできない場合や、調達ができても十分な数量をご用意できない場合があります。

●「教えて!kabu.com」とは

お取引や相場のことなど、ありとあらゆるわからないことを、お客さま同士で、相談、質問できるナレッジコミュニティで、24,000人超のお客さまにご登録いただき、初心者から大ベテランまで様々な人が参加しています。

「教えて!kabu.com」について詳しくはこちら

●一般信用売建可能銘柄を【KABU.PRESS(ブログ)】にいち早く提示

一般信用売建可能銘柄は、原則前営業日19:00頃にログイン後のページでご確認いただけますが、【KABU.PRESS(ブログ) 】にてひと足早く(18:30頃)優待銘柄の調達速報を提示いたします。

●一般信用取引新規売建注文の受付を公平な抽選による配分方法へ変更

一般信用取引の在庫数量に制限のある銘柄の新規売建注文の受付について、従来は先着順としておりましたが、お申込みの集中しやすい銘柄については、公平性を踏まえ、お申込みを受け付け後に抽選により配分する方法へ変更いたします。

<一般信用(長期・売短)売建可能銘柄一覧画面>

kabucom_uritan_kashikabu_hikisage_20120816_03.gif

<一般信用新規売注文受付タイムスケジュール>

翌営業日分の一般信用売建可能銘柄で数量制限あり銘柄の申込み受付を19:00~20:00に受け付け、下記のタイムスケジュールで抽選による配分を行います。

kabucom_uritan_kashikabu_hikisage_20120816_04.gif

※この時間は数量制限あり銘柄の新規注文は受付ない。訂正・取消は可能。

●カブドットコム証券の信用取引サービス概要

買建
売建
一般信用取引
制度信用取引
一般信用取引
制度信用取引
長期
売短
取扱銘柄
当社が指定する銘柄
各金融商品取引所が指定する制度信用銘柄
当社が指定する銘柄
当社が指定する銘柄
各金融商品取引所が指定する制度信用銘柄
取引開始日
上場初日から
制度信用銘柄
指定後
当社の銘柄
指定後
当社の銘柄
指定後
制度信用銘柄指定後
返済期限(※)
新規建玉の建日の3年目応答日の前営業日
新規建玉の建日の6ヶ月目応答日の前営業日
新規建玉の建日の3年目応答日の前営業日
新規建玉の建日の14日目応答日の前営業日
新規建玉の建日の6ヶ月目応答日の前営業日
金利(年利)

買方金利:
2.90%~3.60%

(9/1~ 2.80%~)

買方金利:
2.28%~2.98%

(9/1~ 2.18%~)

売方金利:0.0%
売方金利:0.0%
売方金利:0.0%
貸株料
なし
なし
貸株料:1.5%

貸株料:5.4%

(9/1~ 3.9%)

貸株料:1.15%
逆日歩
なし
証券金融会社が発表する金額を受取り
なし
証券金融会社が発表する金額を支払い
名義書換料
(税込)
1取引単位あたり52.5円(※1円未満は切り捨て)
なし
ただし、大幅な株式分割が行われた場合などは当社の判断により減額させていただくことがあります。
事務管理費
(税込)
建玉の約定日から1ヶ月経過するごとに1株あたり10.5銭(単元株制度の適用を受けない銘柄については1株あたり105円)。105円に満たない場合は105円、上限は1,050円。
注文方法
成行/指値/寄付/引け/不出来引け成行/IOC成行/IOC指値/逆指値/トレーリングストップ/±指値/W指値/Uターン注文/リレー注文/バスケット注文
建玉上限

2億円~100億円

(審査により建玉上限を変更することが可能)

最低保証金額
両取引の保証金を合算して30万円
委託保証金率
両取引の建玉を合算して30%
最低保証金
維持率
両取引の建玉を合算して25%
代用掛目

◆現金 100%

◆株券 前営業日の最終価格(気配)の原則80%
(※銘柄ごとに個別の代用掛目が設定される可能性があります。)

◆投資信託 前営業日の基準価額の80%(一般型のみ代用可。累投型、MMF、中期国債ファンドは不可)

※一般信用(売短)は、返済期限が最長13日間と一般信用(長期)と比較すると非常に短い契約となりますので投資目的に合わせご選択いただきますようお願いいたします。

※一般信用取引(長期および売短)の建玉について、株式の調達が困難となった場合等は、一定の催告期間を設定した上で、当社が定める期日に変更する場合があります(ただし、緊急かつやむを得ない事由がある場合は、催告期間を置かないことができることとします)。

~~以上、2012年8月16日のカブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~

「一般信用(売短)」は貸株料が高いのが短所ですが、クロス取引を利用した「株主優待のタダ取り」に興味がある個人投資家にとっては、便利かもしれません。

▼関連記事

「配当・株主優待の権利取り最終日」についての解説 【2012年版】

株の配当金の受け取り方法が3種類になりました 【2009年1月より】

カブドットコム証券、制度信用取引の買方金利を引き下げ。 大口顧客の金利優遇制度も導入

配当金・株主優待が届く時期はいつ頃か?

単元未満株の保有で配当金や株主優待はもらえるか?

上場廃止になった会社の株券は郵送されて来るのか?

株主優待とは (株式用語解説)

カブドットコム証券、一般信用取引の空売り可能銘柄を402社追加

松井証券、コスモス薬品株など無期限信用取引の空売り可能銘柄を4社追加

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする