auのプリペイド携帯無料配布に総務省が対応検討

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月7日に当サイトで「2008年1月の携帯電話・PHS加入者数、ドコモがイーモバイルに抜かれる」という記事を配信しました。

この記事の中でもお伝えしましたが、先月、auはプリペイド携帯を0円や945円といった破格な値段で販売し契約純増数を増やしました。KDDIの1月の純増数82,700のうち41,800がプリペイドでの契約でした。

このプリペイドの契約数の多さを、総務省が問題視しており対応を検討しているとのニュースが出てきました。以下、本日の産経新聞の記事からの抜粋です。

KDDIがプリペイド携帯無料配布 契約“水増し”?に総務省が対応検討

 KDDIがプリペイド携帯端末を無料配布していることが26日、分かった。同社は年度内にauブランドの携帯電話で3000万件の契約獲得を目指しており、契約者拡大が狙いとみられる。端末を0円で販売することは違法ではないが、総務省は「契約数を水増しするような販売方法は、市場競争の健全性を阻害する恐れがある」とし、対応を検討している。

 KDDI関係者によると、契約獲得に向けた社員紹介キャンペーンで、500円分の通話ができるプリペイドカード付き携帯電話を端末代金も設定手数料(税込み4200円)も無料とする販売方法を導入した。先週には約1万5000人の社員全員が、知人や親戚(しんせき)へ斡旋(あっせん)するよう通知を受けたという。都内のあるauショップでも、プリペイド携帯に500円分のカードを付け、端末・手数料0円で提供していた。

なお、auのプリペイド契約の月別の純増数は下記のようなっています。
数字はKDDIのウェブサイトのPDFから抜粋しました。

2007年1月 9,800
2月 11,800
3月 15,700
4月 25,100

5月

13,800
6月 20,200
7月 23,700
8月 7,500
9月 6,600
10月 4,700
11月 1,100
12月 23,600
2008年1月 41,800

普段1~2万しか増加しないプリペイド契約ですが、2008年1月に関しては41,800の増加だったため、総務省の目には不自然に映ったようです。

この41,800という数字が発表されたのは2月7日だったのですが、そこからKDDの株価は下落しています。2月7日の終値は714,000円でしたが、今日の終値は613,000円となっています。2月22日にauが家族間通話の一部無料化を発表したこともあり、株価が不調です。

また、今日、NTTドコモも家族間通話の一部無料化について発表を行いました。ファミ割MAX50を利用しているFOMAユーザーは、家族宛の国内の音声通話が24時間無料となります。また10年以上ドコモを利用しているユーザーでファミリー割引と(新)いちねん割引を併用しているユーザーも、家族宛の音声通話が24時間無料になります。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする