アルゴリズム取引の凄さが何となく分かる動画「アルゴリズムが形作る世界」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式市場における最先端のアルゴリズムトレードの世界を紹介している動画がありました。

  • アルゴリズムトレード・・・コンピュータシステムが条件に従って、自動的に株式売買注文のタイミングや数量を決めて注文を繰り返す取引のこと。システムトレードとも呼ばれている

↓システムトレードに興味がある方は、三角の「再生ボタン」をクリックしてください

ケヴィン・スラヴィン 「アルゴリズムが形作る世界」

15分ほどの英語のプレゼンテーション動画ですが、日本語字幕が付いています。

↓日本語訳を文章で読みたい方は、下記リンク先をクリックしてください

アルゴリズムが形作る世界 (TEDTalks) Kevin Slavin / 青木靖 訳

アメリカの大手証券会社で自己売買部門を持っている会社は、アルゴリズム取引を導入しています。動画を見てみましたが、アメリカの証券会社のアルゴリズム取引はすごいことになっていますね。

トレードの早さでマイクロ秒を争っているため、「サーバーをなるべくコロケーションセンターの近くに置く」とか、「ニューヨークとシカゴの間に825マイルのデータ通信用の光ファイバーを引く」とかやっているようです。アルゴリズムを使った短期取引は熾烈な世界ですね。

自己売買部門とは・・・自己売買部門とは、証券会社や銀行などの証券業が自己の勘定で売り買いをする部門のこと。また、ディーラーとか、証券ディーラーなどと呼ばれている。 自己売買部門の目的は、株式市場や先物市場に資金を投じて取引を行い、利益を上げること。

「自社の顧客に株取引を行わせて手数料を取るビジネス」に比べると、自己売買はハイリスクハイリターンなビジネス。

▼関連記事

株で100億円儲けた? cis氏が「笑っていいとも!」に出演

ジェイコム男BNFさん動画特集

優良動画「クソ株ランキング2010」の紹介

マネックス、東証のコロケーションを利用して株式注文を高速化

東証の売買システム「アローヘッド (arrowhead)」とは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする