証券監視委員会が松井証券に行政処分勧告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月26日、松井証券が配布した会社案内に顧客に誤解を与える記述があったとして、証券取引等監視委員会は金融庁に対して行政処分を行うよう勧告しました。
以下、松井証券のニュースリリースからの抜粋です。

2005年10月26日
証券取引等監視委員会による勧告について
松井証券株式会社 代表取締役社長  松井 道夫
証券取引等監視委員会は、本日、松井証券に対する検査の結果、平成15年7月から平成17年4月までに作成・配布していた当社の「会社案内」における「無期限信用取引」の説明として、株式分割等、一定の場合に信用期日(弁済期限)が設定される可能性について言及していなかった点が、証券取引法第42条第1項第10号(平成17年3月31日以前の行為については、平成16年法律第97号による改正前の第42条第1項第9号)に基づく証券会社の行為規制等に関する内閣府令第4条第1号に規定する「有価証券の売買その他の取引に関し、重要な事項につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為」に該当するとして、内閣総理大臣及び金融庁長官に対して行政処分を行うよう勧告を行いました。
今までも当社では、信用取引口座開設申込時に顧客が確認する、ネットストック信用取引規程及び一般信用取引に関する確認書には、信用期日の設定について記載しておりましたが、上記期間に作成・配布しておりました「会社案内」においては、その記載を行っておりませんでした。
当社は、日頃より内部管理体制の整備・充実に取り組んでいるところではございますが、今回の勧告を厳粛かつ真摯に受け止め、今後さらなる内部管理体制の強化に取り組んで行く所存です。
皆様には大変ご迷惑をお掛けしましたことを心からお詫び申し上げますとともに、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。
以上

証券取引等監視委員会って、けっこう厳しいところがありますね。しかし、松井証券よりも楽天証券のシステム障害の方が問題があると思うですが。行政処分勧告の基準がよくわかりません。
■当ブログの関連記事
・2005年09月29日 松井証券が信用口座開設時の収入印紙代を無料化
・2005年09月29日 逆日歩のかからない空売りをする方法

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする