橋梁関連銘柄 (橋梁関連株)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

橋梁関連株をピックアップしました↓

▼橋梁関連銘柄 (きょうりょう かんれんめいがら)

証券
コード
会社名
会社概要
【東証1部:1414】 ショーボンドホールディングス

道路、橋梁等コンクリート構造物補修工事パイオニアで最大手。自前の研究所持ち技術強い

橋梁・隧道・鉄道・港湾・上下水道・大型建築物などの劣化診断から補修・補強工事(耐震補強工事等)の設計~施工までの総合メンテナンス事業を行っている。

復興関連銘柄 (地震関連銘柄)でもあり、道路工事関連銘柄でもある。

【東証1部:1871】 ピーエス三菱

三菱マテリアル系。コンクリート橋梁トップ級。PC(プレストレストコンクリート)生産兼営

  • 2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震が起こったため、3月11日に株価が前日比+46円 (+18.25%)の終値298円と急騰した。
  • 2008年の岩手・宮城内陸地震の影響で2008年6月16日に株価が前日比+64円 (+22.30%)の終値351円と急騰したことがある。

復興関連銘柄 (地震関連銘柄)でもあり、道路工事関連銘柄でもある。

【東証1部:3431】 宮地エンジニアリンググループ

宮地鐵工所、宮地建設工業が統合。橋梁・建築とも施工力強い。

▼営業種目

橋梁、鉄骨等の鋼構造物の調査診断・点検、設計、製作、架設、補修・補強の請負ならびに土木工事、プレストレストコンクリート工事の設計、施工・工事管理の請負を主として行う子会社の株式を所有することによる、当該子会社の事業活動の支配、管理。

橋梁事業 – 宮地エンジニアリング株のウェブサイト

【東証1部:5011】 ニチレキ

道路舗装等の改質アスファルト乳剤でトップ。一般舗装工事の受注、施工は地域子会社が担当。

舗装の段差修正を目的とした常温硬化型のアスファルト混合物ロメンパッチなどを生産している。

道路工事関連銘柄でもある。

【東証1部:5911】 横河ブリッジホールディングス

橋梁業界トップ。高層ビル鉄骨優位。システム建築、精密機器製造に展開。

橋梁、鉄骨、鉄塔、鉄管などの構造物および建築物の設計、製作、建設、診断、補修、工事監理を行っている。

2016年4月22日に傘下の横河ブリッジが行っていた神戸の新名神高速道路の延伸工事で、橋桁が落下、死傷者を出す事故が発生したため、4月25日の株価は前日比-162円(-12.57%)の終値1127円となり下落した。

橋梁事業 – 横河ブリッジのウェブサイト

【東証1部:5912】 日本橋梁

橋梁の老舗。鉄塔撤退し橋梁軸に体質改善。筆頭株主はファンド。オリエンタル白石を子会社化。

橋梁、鉄骨、鉄構、その他鋼構造物の設計、製作および施工を行っている。

橋梁事業の詳細はこちら → 日本橋梁のウェブサイト

【東証1部:5915】 駒井ハルテック

鉄骨・橋梁の大手。超高層ビルなどに実績。風力発電に参入。2010年10月に駒井鉄工とハルテックが合併。

橋梁事業の詳細はこちら → 駒井ハルテックのウェブサイト

▼事業内容
・橋梁、鉄骨、その他鋼構造物の設計、製作、建設、診断、補修
・土木・建築工事の設計・請負
・風力発電機による売電事業

風力発電関連銘柄でもある

【東証1部:5981】 東京製綱

ワイヤロープ老舗で最大手。大型橋梁の建設資材やクレーン用のワイヤーロープの製造。

太陽光用ソーワイヤは縮小。

太径(橋梁用ケーブル) – 東京製綱ウェブサイト

▼事業内容
ワイヤロープ、ワイヤ、スチールコード、カーボンファイバーコンポジットケーブル(CFCC)の製造および販売、落石防護網などの道路安全施設、及びアクリル遮音壁などの環境対策製品、橋梁・吊橋構造物などの設計・施工、各種産業機械、金属繊維などの製造および販売

太陽光発電 関連銘柄でもある

【東証1部:7013】 IHI

総合重機大手。航空エンジンや発電用ボイラー、LNGタンク等に強い。各種ターボ機でも大手。

国内では、瀬戸大橋、明石海峡大橋など主要長大橋梁工事に参画した実績がある。

橋梁事業の詳細はこちら → 株式会社IHIインフラシステムのウェブサイト

証券
コード
会社名
会社概要

▼関連記事

地震関連銘柄 (復興関連銘柄)

地盤改良関連銘柄のまとめ 【傾斜マンション関連】

太陽光発電 関連銘柄

風力発電関連銘柄

原発関連銘柄 (原子力発電関連銘柄)

スマートグリッド関連株

LED関連銘柄 (発光ダイオード関連株)

電力関連株

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする