資産50億円トレーダーcis氏の3つのトレード手法 【ダイヤモンドZAi2008年4月号より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月21日発売のダイヤモンドZAiに資産50億トレーダーcis氏の座談会記事が載っています。

(ダイヤモンドZAiは年間購読すると、発売日より前に家に送られてきます。)

座談会では、個人投資家向けのSNSカブトモネットを運営するますぷろ氏(資産3.4億円)、cis氏(資産52億円)、三空氏(資産2.1億円)の3人が短期トレード手法について語っています。

cis(しす)氏のトレード手法としては、下記の三つが紹介されていました。

  1. イー・トレード証券でストップ高、ストップ安に乗る!
  2. 日経平均先物(CME)で儲ける
  3. サラリーマンが短期トレードで勝つための3ステップ

このうち「3」について紹介しておきます。以下、ZAiからの抜粋です。

▼cisが教えるサラリーマンが短期トレードで勝つための3ステップ!

STEP1 活況銘柄を売買する!

投資家の視線が集中して株価が活発に動いている銘柄こそ、デイトレやスウィングのターゲット。ランキング情報などで折々の活況銘柄をキャッチし、それらに売買を仕掛けるのが基本中の基本。

損切りをしっかりやる!

着実に損切りを実践できるようになることも非常に重要。自分の許容リスクを冷静に把握し、それを超えたら必ず損切りするクセを身につける。

STEP2 トレンドに沿った売買をする(短期は順バリが基本!)

安くなった時に仕込むのが有効な長期投資とは違い、短期売買は上がっている銘柄を買って下がっているものを売る順バリの投資スタンスが基本。

25日移動平均線が上向きの時だけ買おう!

下げを食らわず、上げている局面でのみエントリーすることが増やすための鉄則。25日移動平均線が上向きになっている局面でのみ勝負。

STEP3 逆バリやテクニックを使ったり見つけてみよう!

短期売買の基本的なスキルが身についてくれば、様々な高等テクニックをマスターしたり、逆バリにチャレンジしたりしてみよう。

あと、私が知っているcis氏とB・N・F氏の違いをまとめてみました↓

▼カリスマ短期トレーダー比較

cis氏 B・N・F氏
メイン証券会社 SBIイー・トレード証券 楽天証券
信用取引 取引を行っている 信用取引の口座はあるが信用枠が数十億円に制限されているため、取引のほとんどは現物取引
日経225先物取引 取引を行っている 取引を行っていない
順バリ、逆バリについて 基本的に順バリ、下げ相場での勝負はあまり考えない 順バリも逆バリもやる。下げ相場での逆バリもやる

今回のZAiの記事は、cis氏に加え三空氏やますぷろ氏もトレードテクニックについて語っているので、デイトレーダーにとっては参考になると思います。都会なら2月21日、地方でも2月22日には書店の店頭に並ぶと思われるので、興味がある方は手に取ってみてはいかがでしょうか。

▼関連リンク

カブトモネットに登録するとcis氏の相場録が読めます

資産50億円トレーダーcisさん関連カテゴリ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする