マネックス証券、米国投資情報『バロンズ拾い読み』の無料提供を開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年3月4日、マネックス証券がログイン後のウェブページにおいて、投資情報サービス『バロンズ拾い読み』の提供を開始しました。

『バロンズ拾い読み』は、ダウ・ジョーンズ社が発行する米国の投資週刊誌『バロンズ』の中から日本の投資家にも役立つ記事を厳選し、日本語で抜粋・要約したレポートで、主に機関投資家向けに提供されているレポートです。

日本人だと、バロンズの記事をネットで読みたい場合、通常はウォール・ストリート・ジャーナルのウェブ版で、読むことになります。

しかし、日本人向けのウォール・ストリート・ジャーナルだと、『バロンズ拾い読み』の記事の中で、有料会員しか読めないものがあります。

マネックス証券のユーザーなら『バロンズ拾い読み』を無料で読むことができます。

『バロンズ拾い読み』に興味がある方は下記の画像をクリックし、拡大してサンプルを見てください。

↓サンプル1 (目次) (クリックで拡大可能)

monex_barrons_20140120_001.png

↓サンプル2 (クリックで拡大可能)

monex_barrons_20140120_015.png

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~

投資家のバイブルから学ぼう 「バロンズ拾い読み」提供開始

monex_barrons_20140303_091.gif

マネックス証券では3月4日(火)より「バロンズ拾い読み」の提供を開始いたしました。

「バロンズ拾い読み」とは?

米国で投資家のバイブルと称される週刊金融専門誌バロンズの記事の一部をピックアップし、日本語訳したものです。バロンズ紙はウォール・ストリート・ジャーナル紙などを発行するダウ・ジョーンズ社が毎週発行しており、全米で約30万人の投資家が購読をしています。

サンプル(1月20日号)を読む (PDF:1905KB)

個別銘柄、マーケット情報、経済関連スケジュールなど様々な分野から毎週10本の記事がピックアップされています。マネックス証券に口座をお持ちのお客様でしたら、無料でお読みいただくことができます。

■ 最新号(3月3日号)の内容の一部

【イエレン議長の証言も株価上昇要因に】

・ S&P500指数は上値抵抗線を抜け、史上最高値を更新

【絶望的だが、深刻ではない】

・ 米国株はさらに上昇か、中国に注意

【努力が必要な強気相場】

・ 強気派にも奥底に量的緩和終了への懸念

~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~

▼関連記事

マネックス証券で米国株の特定口座対応が2013年12月16日から開始

マネックス証券、「米国株 手数料キャッシュバック キャンペーン」実施中

マネックス証券、米国株・米国ETFを計100銘柄追加

マネックス証券、米国株取引の手数料を改定

マネックス、米国株取引において「ECN(電子取引所)配信のリアルタイム株価」を導入

マネックス証券、米国株取引にツイン指値注文と連続注文を導入

マネックス証券、「米国株四半期速報」をリリース

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする