TBSがストップ安 UBS証券が投資判断を引き下げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月18日、TBSの株価がストップ安となりました。
以下、一日のチャート図です。
■TBS 前日比-500円(-14.08%)
9401-1018.t.gif
まず、AM10:10に「UBS証券が同銘柄の投資判断をNeutral2からReduce2」へと引き下げる決定」というニュースが出て上値を重くさせました。

UBSでは投資判断を「REDUCE」に格下げ、目標株価は2850円据置きとしている。一般投資家は現状の株価水準までのプレミアムは払うべきではないと考えている模様。また、TBSの買収防止策に対する警戒感なども徐々に高まる格好か。

さらに、14:47、読売新聞から追い討ちをかけるようなニュースが配信されます。

TBS株の15%超を取得し、経営統合を申し入れた楽天がTBS側に「これ以上の株の買い増しは行わない」意向を伝えていたことが、18日、明らかになった。
 経営統合に向けた交渉を今後スムーズに進めたいとの狙いとみられる。関係者によると、この意向は13日午後、楽天の三木谷浩史社長が、TBSの井上弘社長との会談で、経営統合の提案とあわせて伝えた。 ■株買い増しやめる…楽天がTBSに表明より

この報道を受け、結局、ストップ安となりました。やはりニュースに即座に対応できるデイトレーダー以外は、今のTBS株に手を出さないほうがいいようですね。
■当サイトの過去ログ
■10月17日TBSと楽天の株価が大幅安 経営統合の経過を様子見か
■10月15日TBSの株価に関連する強弱材料
■10月15日TBSの株価は横ばい 村上ファンドの売りぬけ観測もあり
■10月14日TBSの株価が上昇 楽天からの経営統合提案を受け
■10月13日TBSの株価がストップ高 楽天の株式大量保有報告を受け
■10月13日TBSの株価が急上昇 楽天と村上ファンドがTBSの大株主に
■10月8日TBSの株価が急騰 村上ファンド絡みの思惑が波及

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする