楽天証券とSBI証券、約47カ国に投資できる海外ETF「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)の取扱い開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月11日、楽天証券SBI証券が、先進国・新興諸国を含む約47カ国に投資できる海外ETF、「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(略称:VT)の取扱いを開始しました。

「Vanguard Total World Stock ETF (VT)」は、先進国・新興諸国を含む約47カ国、約2,900銘柄で構成される「FTSE All-World インデックス」に連動するETFで、管理報酬は0.30%です。

VTを買えば世界に分散投資ができます。

これまでは先進国と新興諸国にグローバルに投資するには、「iShares S&P 500 Index Fund (IVV)」と「iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)」などの複数本のETFを組み合わせて買う必要がありました。

VTに投資すれば先進国と新興諸国に分散投資ができます。VTだけを買えば、複数のETFを買うのに比べて、売買手数料が安く済むというメリットがあります。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~

【海外ETF】トータル・ワールド・ストックETF (VT)銘柄の取扱い開始のお知らせ

お客様から多くの取扱いリクエストをいただいたバンガード・グループが運用する海外ETF 1銘柄を6月11日(木)国内約定分より当社取扱銘柄に追加いたします。

「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」は、先進国・新興諸国を含む約47カ国、約2,900銘柄で構成されるインデックス、「FTSE All-World インデックス」をベンチマークに採用しています。

このベンチマークは、全世界の投資可能な市場時価総額の約90%以上をカバーしており、「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」への投資を通じてグローバルな株式市場への分散投資が可能なります。

当社の取扱うバンガードETFは、既に販売されている「バンガード・トータル・ストック・マーケット・ETF(VTI)」、「バンガード・スモールキャップ・ETF(VB)」、「バンガード・エマージング・マーケット・ETF(VWO)」、「バンガード・ヨーロピアン・ETF(VGK)」、「バンガード・パシフィック・ETF(VPL)」に加え、計6本となります。

今回の追加により、当社で取り扱う海外ETF は、合計88銘柄(NYSE、NASDAQの米国各市場に上場するETF が69銘柄、香港市場に上場するETFが19銘柄)となります。

【取扱開始日】
6月11日(木)国内約定分より、以下の1銘柄を取扱開始予定
(注文受付は6月10日(水)15時から開始予定)

【新規取扱追加銘柄】




























銘柄名 ティッカー
主要取引所
ETFの特徴 信託報酬
VANGUARD TOTAL WORLD STOCK ETF
バンガード・トータル・ワールド・ストック・イーティーエフ
VT
ニューヨーク アーカ
約2,900銘柄で構成されるFTSE All-World Indexの値動きへの連動を目指すETF 0.30%

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

* 米国ETF1銘柄追加(6/10~)

ティッカー 銘柄(英語) 市場
VT

Vanguard Total World Stock ETF

バンガード トータル ワールド ストック ETF

NYSE Arca

なお、楽天証券やSBI証券でVTを買うには、日本円を米ドルに変えて、米ドルで投資を行う必要があります。

日本の証券会社にも、日本円で買えるVTのようなETFを作ってもらいたいものです。そうすれば、日本円を米ドルに変えなくて済むので、証券会社に為替手数料を徴収されることなく、世界の株式に分散投資できますから。

▼関連記事

米国株式(Google グーグル)を10株買いました

米国株を買えるネット証券3社の比較

マネックス・SBI・楽天証券、バンガードETF3銘柄追加

楽天証券とマネックス、バンガード運用の米国ETF2銘柄の取り扱い開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする