東証、株の現物取引の取引時間拡大を見送り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月25日、日本取引所グループの斉藤惇グループCEOが「東京証券取引所の夜間取引市場の創設を始めとする現物株市場の取引時間拡大を見送る」と発表しました。

日本取引所グループは東証の親会社です。

以下、ブルームバーグ社の記事からの抜粋です。

日本取引所:現物株の取引時間拡大見送る、証券界と温度差

  11月25日(ブルームバーグ):日本取引所グループ(JPX )は、現物株の取引時間拡大を見送る。国際金融センターとしての機能を強化するため、海外に比べ短い日本の取引時間を拡大しようと議論、検討を重ねてきたが、実務負担の増加につながる証券界の一部とのギャップを埋め切れなかった。

日本取引所の斉藤惇グループ最高経営責任者(CEO)が25日の定例会見で明らかにした。斉藤氏は・・・

というわけで、当分の間、東証自身が夜間取引市場や夕方取引市場を運営する可能性がなくなりました。

ちなみに、現在、日本株の夜間取引ができるのはSBI証券だけです。

当面の間、東証が夜間取引市場を運営する可能性がなくなり、SBI証券の経営陣は胸をなでおろしていることでしょう。

▼関連記事

現在、日本株の夜間取引ができるのはSBI証券だけです【PTS】

PTS(私設取引市場)関連ニュースのカテゴリ

大阪証券取引所の名前が大阪取引所になりました 【2014年3月24日】

東証と大証の現物市場が統合。 大証銘柄は東証に移行

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする