ジェイコム男B・N・F氏、1月23日に4億円の利益確定 【2008.1.24の朝日新聞より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月23日、ジェイコム男B・N・F氏がフジテレビの夕方のニュース「FNNスーパーニュース」と日本テレビの夜のニュース「NEWS ZERO」に出演しました。取材日は1月23日の午後です。内容を紹介します。

まず、FNNスーパーニュースからB・N・F氏のコメントの抜粋です。

鳩山株も値上がり 同時株安一休み どうなる景気?

ナレーション:昨日(1月22日)、多額の損失を出したという都内在住のデイトレーダーは?

B・N・F氏:昨日1億5000万くらい損して、ここの証券会社(楽天証券)だけで今日はこれくらい(3億1511万7200円)利益が出た感じです。

ナレーション:パソコン画面に映し出されたのは、なんと3億1500万円ものプラスの数字。

楽天証券の口座だけで約3億1500万円の利益を確定したB・N・F氏ですが、「NEWS ZERO」の画像によると、1月22日から1月23日にかけてのトレードによる確定利益は全ての口座を合算すると約4億円だったとのことです。

以下、ニュースゼロからテロップの抜粋です。

世界同時株安に歯止め 東京株式市場・・・今後は?

きのう100億円分買う→今日(1月23日)午前ほぼ売却

デイトレーダーAさん(B・N・F氏) 今日は5億5000万円利益、きのう1億5000万円含み損

二つの番組の映像を見るに、B・N・F氏のトレード環境は2007年4月時点の環境と変わっていない模様。やはり楽天証券のマーケットスピードを使っています。

また、1月24日付けの朝日新聞のニュースでも、B・N・F氏がインタビューに応えており4億円の利益を確定したことを述べています。以下、朝日新聞のウェブサイトからの抜粋です。

株乱高下に一喜一憂 「老後資金半減」「利益4億円」 朝日新聞 2008年01月24日09時59分

~~~前略~~~

 05年のみずほ証券誤発注に絡み、約20億円を手にしたことで有名になった、東京都のネットトレーダーの男性(29)は「2日間で、差し引き4億円のもうけです」と明かす。

 22日は、自動車や商社など東証の主力の大型株を計100億円分買ったが、株価の下落が止まらず、1億5000万円の含み損を抱えた。

 しかし、翌23日。日経平均株価が一時1万3000円台に回復した午前の取引で全部売り、利益を出したという。

 「最近は値動きが大きいのでチャンスも大きい」。学生時代、160万円だった元手は、今や190億円以上になっているという。

日刊スポーツの記事によるとB・N・F氏の1月22日時点での資産は188億円ということだったので、これを踏まえて計算すると1月23日時点での資産は192億円となります。

▼関連記事

ジェイコム20億男BNFさん関連記事

ジェイコム男BNFさん動画特集

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする