「スーパーはっちゅう君」を使った感想 【レビュー】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年4月14日、GMOクリック証券が「スーパーはっちゅう君」という新しい株式トレーディングツールをリリースしました。

利用料は無料で、株式取引、日経225先物・オプション取引に対応しています。Windowのパソコンにインストールして使用するタイプのトレーディングツールとなっています。

私は、GMOクリック証券の口座を持っているので、早速「スーパーはっちゅう君」を使ってみました。以下、「スーパーはっちゅう君」についての感想です。

▼「スーパーはっちゅう君」のサンプル画面

↓クリックで拡大可能

super_haccukun_sample01_20120416.png

▼「スーパーはっちゅう君」の開発会社について

「スーパーはっちゅう君」は、シンプレクス・コンサルティング社が開発するスプリントというシステムをベースに開発されています。

このスプリントをベースに開発されているトレーディングツールは、他社だとマネックス証券マネックス・マーケットステーション松井証券ネットストックハイスピードがあります。

ですから、「スーパーはっちゅう君」も、これらのツールに似たトレーディングツールとなっています。

「ネットストックハイスピード」や「マネックス・マーケットステーション」に慣れている個人投資家なら、GMOクリック証券の「スーパーはっちゅう君」も簡単に使うことができるでしょう。

▼スーパーはっちゅう君の長所

スーパーはっちゅう君ですが、デイトレーダーも愛用しているユーザーが多い「ネットストックハイスピード」や「マネックス・マーケットステーション」と同じシステムを利用しているだけあって、株取引はやりやすいと思います。

全体的に軽快に動きますし、板情報(気配値)や株価チャートも見やすいです。

また、あらかじめ注文条件を設定しておけば、ダブルクリックするだけで注文することができる板注文画面があります。

そして、GMOクリック証券のスーパーはっちゅう君は、取引画面をカスタマイズしやすいのも特徴です。

スーパーはっちゅう君では、よく使う画面を自由にレイアウトすることができます。 1つの大きなウィンドウ内に複数の画面を表示する「MDI表示」と、1つの画面をそれぞれ独立したウィンドウとして表示する「SDI表示」の切り替えをボタン1つで行うことができます。

▼スーパーはっちゅう君の短所

  • 画面レイアウトのカスタマイズの自由度が高いので、初心者は最初、レイアウトの設定に戸惑うかもしれません。
  • あと、個人的にニュース機能があまり充実していないと感じました。

「ネットストックハイスピード」や「マネックス・マーケットステーション」で見ることができる株式新聞速報ニュースを、スーパーはっちゅう君では閲覧できないのが少し残念です。

また、スーパーはっちゅう君におけるニュース機能は、テキストリンクをクリックしてブラウザにジャンプしないと閲覧できないニュースがかなり多いなと感じました。

▼スーパーはっちゅう君 使用感 まとめ

株や日経225先物を取引するツールとしては、動きが軽くてよいと思います。月額使用料金が常に無料なのもよいです。

ちょっとニュース機能が弱いので、ニュース情報が充実している楽天証券マーケットスピードなどを併用すると、より良いトレード環境を構築できるでしょう。

以下、GMOクリック証券のウェブサイトからの抜粋です。

2012年04月16日

GMOクリック証券
株式取引、先物・オプション取引ツール「スーパーはっちゅう君」をリリース

GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:高島 秀行 以下:当社)は、株式会社シンプレクス・コンサルティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長:金子英樹)の提供する「SPRINT(スプリント)」を導入し、2012年4月14日より、株式取引、先物・オプション取引用高機能ツール「スーパーはっちゅう君」として提供開始しましたので、お知らせいたします。

GMOクリック証券は、2012年4月4日付プレスリリース「「スーパーはっちゅう君」のリリースについて」にてお知らせしました通り、2012年4月14日に「スーパーはっちゅう君」を、無料で提供開始いたしました。

■スーパーはっちゅう君の特長
・マーケット情報をさまざまな視点でリアルタイム分析

板と価格情報が小さくまとまった「株式価格表」を並べて、複数銘柄の値動きをチェックできるのはもちろんのこと、買いと売りの強さがわかる「株式同一気配約定情報」や当日の買い圧力がわかる「株価強度分析」など、現在値だけでは読み取ることのできない情報も充実しています。

また、「株式株価急騰落検索」や「株式出来高急増検索」で勢いがある銘柄を見つけたり、「信用貸借残」で証金残や信用残をチェックしたりと、さまざまな手段で情報の分析、収集を行うことができます。

super_haccyukun_release20120404_01.png

・「板注文」で素早く注文

板注文画面では、あらかじめ注文条件を設定しておけば、通常注文はもちろん、逆指値注文についてもダブルクリックするだけで注文することができます。板を見ながら素早く注文できるので、取引のチャンスを逃しません。

また、複数銘柄の板を同時にチェックしながら取引したい方のために、画面サイズが小さい「ミニ板注文」もご用意いたしました。

super_haccyukun_release20120404_02.png

・テクニカル指標と描画ツールで取引サインをキャッチ

単純移動平均、指数平滑移動平均、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、RSI、スロー・ストキャスティクス、パラボリックSaRなど、全30種類の人気テクニカル指標を搭載しています。チャート上に表示したテクニカル指標を複数保存しておくことができるので、異なる組み合わせのテクニカル指標を簡単に切り替えることができます。

さらに、レジスタンスライン、フィボナッチライン、ギャンライン、回帰線など、多彩な描画ツールをご用意し、高度な分析を強力にサポートします。

super_haccyukun_release20120404_03.png

・ニュースやアナリストレポートで注目銘柄をチェック

自動更新のニュース画面では、経済・株式関連のニュース以外に、適時開示情報やアナリストレポートも見ることができます。
画面の下の部分に配置されている指数/ティッカーバーには、これらニュースのタイトルが自動で表示されるほか、各主要株価指数を構成する銘柄の値上り、値下り銘柄数が色分けして表示されるので、マーケット全体の動きを把握するのにとても便利です。

・自分だけの取引画面、自由度の高さで快適なお取引を

スーパーはっちゅう君では、よく使う画面を自由にレイアウトすることができます。画面のレイアウトは複数保存することができるので、4つある仮想スペースと組み合わせて、お客様の取引スタイルに応じた、最適なレイアウトを実現していただくことができます。

また、1つの大きなウィンドウ内に複数の画面を表示する「MDI表示」と、1つの画面をそれぞれ独立したウィンドウとして表示する「SDI表示」の切り替えをボタン1つで行うことができます。他のアプリケーションと同時にスーパーはっちゅう君をご利用する場合は「SDI表示」が便利です。是非、ご活用ください。

GMOクリック証券は、今後とも業界最安値水準の手数料体系を維持するのみならず、お客様の多様なニーズにお応えできるよう、総合的な金融サービスを目指して取扱商品の充実に取り組み、より使いやすく、より利便性の高い最先端の取引システムと革新的なサービスを提供すべく邁進してまいります。

印刷用【PDF】

▼関連記事

GMOクリック証券のメリットとは

GMOクリック証券、「逆指値注文」に対応

GMOクリック証券、『かんたん銘柄診断』と『銘柄スクリーニング』をリリース

GMOクリック証券、信用取引「最大3ヶ月間」手数料無料キャンペーン実施

GMOクリック証券、信用取引の手数料を値下げ【1約定ごとプラン】

マーケットスピードとは 【株式用語解説】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年3月31日まで、1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年3月31日まで口座開設とFX取引で、最大10万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする