イートレード証券にウィルコムのエアーエッジ(128KB)でログインしてみました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私、最近、家の外で株取引をしたくなるシチュエーションが多いんですよね。どんなモバイルトレードが一番快適か模索しているところです。
私の使っている証券会社はSBIイー・トレード証券でして、先日は、ウィルコムの京ぽんという端末でログインしてみましたが、今回はウィルコムのエアーエッジでログインしてみました。
使用した端末は、データ通信専用のPCカード型端末「AIR-EDGE AH-S405C」
です。
通信のスピードは128KBになります(プランでいうと、つなぎ放題[4x])。
使用感をレビューします。
ちなみに私は、家ではyahoo!BB 8MBを使用しています。
【AH-S405Cでイートレード証券を使っての感想】
■イー・トレード証券の通常のログインした画面は、じゃっかん重く感じる。が、注文を急いでいないのなら、普通に使える。
■HYPER E*TRADEの使用は重くて厳しい。チャートの表示が遅い。
■モバイル用ページは軽い。
結論をいうと、イートレード証券をデイトレード以外で使う分には問題ないと思います。デイトレードの場合、128KBのスピードだとパワーイートレードが使い物にならないのと、注文画面が重いので、ブロードバンド接続をしているデイトレーダーには勝てませんね。
ちなみに、AH-S405Cで楽天証券のマーケットスピードを使ってみましたが、こちらはパワーイートレードより軽く使えました。
とはいっても、チャートの表示などはブロードバンド環境に比べてかなり劣るので、やはりデイトレードには使えないと考えるべきでしょう。
なお、今回使用したAH-S405Cは、ウィルコムプラザでレンタルしてきました。
2日間のレンタルで1030円(税込)でした。
気になる方は、ウィルコムプラザに問い合わせをしてみてはどうでしょうか。
■ウィルコムのウェブサイトをみて、一週間からしかレンタルできないのかと思っていたら、私が訪ねたウィルコムプラザでは1日からでもレンタル可能だったのでびっくりしました。
結論、デイトレードするならブロードバンド環境にしておけってことですね。エアーエッジを契約しておけば、固定通信にトラブルが起こったときの保険にはなりますが。
■当ブログ過去の関連記事
・2005年9月8日 ウィルコムのパケット通信定額制に加入して、モバイルトレードし放題です
・2005年9月9日 イー・トレード証券にウィルコムの京ぽんでログインしてみました
・2005年10月22日 イートレード証券にウィルコムのエアーエッジ(256K)でログインしてみました

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする