LED関連銘柄 (発光ダイオード関連株)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年3月11日に発生した東日本大震災および、これに端を発した福島第一原子力発電所事故の影響により、節電についてのニュースが地震発生以前より報道されることが多くなりました。

白熱電球や蛍光灯より消費電力が少ない、LED照明にも注目が集まっています。

LED(発光ダイオード)に関係した上場企業を、まとめました↓

LED関連銘柄 (発光ダイオード関連株)

▼LED素子製造関連銘柄

LED素子 – 発行する半導体部分である素子

会社名
会社概要
豊田合成(とよだごうせい)
【東証1部:7282】

トヨタ系の合成樹脂、ゴム製品の部品メーカー。発光ダイオード(LED)など非自動車も注力。

LED関連の重要な特許を保有する大手の一角。素子の生産から最終製品までを一貫して生産している。

LEDスペシャルサイト _ 豊田合成株式会社 – 豊田合成のウェブサイト

昭和電工
【東証1部:4004】

旧安田系の総合化学。ハードディスク(HD)外販首位、アルミ、人造黒鉛電極など事業多彩。

昭和電工は紫外から赤外までの全領域にわたるLEDを供給できるメーカーである。

昭和電工 製品情報 LED紹介ページ

ディスコ
【東証1部:6146】

半導体、電子部品向け切断・研削・研磨装置で世界首位。装置と消耗品のダイヤ砥石が2本柱。

LEDの製造工程で使用されるレーザー切断装置を製造している。

(LEDに用いるサファイヤを加工するにあたり、ディスコのレーザーダイサが使われている)

LEDについての質疑応答 – ディスコのウェブサイト

大陽日酸
【東証1部:4091】

工業用ガスでエア・ウォーターと双璧。半導体など電子向けでは世界3強の一角。

LED素子の製造に使用されるをMOCVD装置を製作している。

MOCVD装置の製造はガス制御に関するノウハウを必要とするため参入障壁が高い。大陽日酸はMOCVD装置の国内トップシェア企業である。

MOCVD装置の制作から電子材料ガス供給、排ガス処理まで一貫したサービスを手がけている点が、同社の強み。

MOCVDの紹介ページ – 大陽日酸ウェブサイト

TOWA
【東証1部:6315】

封止や切断加工など半導体後工程用製造装置大手。精密金型製作に競争力がある。

半導体やLEDのモールディング装置を生産している。

「モールディング」とは、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ等の中に入っている半導体チップや金線・LEDを、外部からの衝撃・温度・湿度などから守るために樹脂で覆い固める技術のこと。

LEDモールディング装置紹介ページ – TOWAウェブサイト

▼LEDを使った照明器具の製造

会社名
会社概要
岩崎電気
【東証1部:6924】

照明灯大手。省電力のHIDランプからLEDに以降。紫外線応用品、電子部品等も手がけている。官公需から民需へシフト。

LEDを使った照明器具を生産している。

LED照明器具・照明分野の紹介 – 岩崎電気ウェブサイト

また岩崎電気は、紫外線を利用した「食品の製造や調理・加工用の殺菌システム」を作っている。

2011年5月6日、生牛肉料理(ユッケ)に端を発した出血性大腸菌「O111(オーイチイチイチ)」食中毒事件を機に、生鮮食品工場向けの殺菌システムを作っている岩崎電気に注目が集まった。

2011年5月6日の株価は前日比+14円(+5.43%)の終値272円。

▼参考記事 以下、朝日新聞からの抜粋です。

蛍光灯、実質製造禁止へ 20年度めど、LEDに置換

 政府は、エネルギーを多く消費する白熱灯と蛍光灯について、国内での製造と国外からの輸入を、2020年度をめどに実質的に禁止する方針を固めた。省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)への置き換えを促す狙いだ。

 ~~中略~~

LED並みの省エネを達成するのが困難な白熱灯と蛍光灯は、事実上、製造や輸入ができなくなる見通しだ。来年度にも省エネ法の政令を改める方針。

▼関連記事

太陽光発電関連銘柄

風力発電関連銘柄

原発関連銘柄

防衛関連銘柄 (有事関連銘柄)

地盤改良関連銘柄のまとめ 【傾斜マンション関連】

ノロウイルス関連銘柄

選挙関連銘柄の一覧 (まとめ)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする