マネックス証券、ミニ株の対象銘柄にETF(11銘柄)を追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネックス証券には株式ミニ投資(ミニ株という単元未満株取引の商品があります。単元未満株とは、証券取引所で決められた最低取引単位(1単元)に満たない株のことです。通常、単元未満株(端株)は取引できません。しかし、その単元未満株を取引できるようにした金融商品がミニ株です。

1月11日、マネックスがミニ株の取引可能銘柄として11種類のETFを追加しました。以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~

株式ミニ投資のETFの取扱銘柄を追加します

1月11日(金)約定分より、株式ミニ投資(ミニ株)の取扱銘柄を追加いたします。

今回、取扱を開始するのは上場投資信託(ETF)の11銘柄です。今回の追加により、ミニ株としてお取引いただけるETFは14銘柄になり、売買単位が1株の銘柄を除く全ての国内ETF銘柄が取り扱い対象になります。

→ 株式ミニ投資とは?

▼今回追加する銘柄












































































銘柄名 コード ミニ株最低

売買株数
ミニ株最低

売買代金(※)
ダイワ上場投信-トピックス 1305 10口 15,000円
上場インデックスファンドTOPIX 1308 100口 148,000円
ダイワ上場投信-トピックス・コア30 1310 10口 9,370円
TOPIX Core30 連動型上場投資信託 1311 10口 9,420円
ラッセル野村小型コア・インデックス連動型上場投資信託 1312 1口 12,830円
ダイワ上場投信-日経225 1320 1口 15,480円
i シェアーズ日経225 1329 1口 15,550円
ダイワ上場投信-東証電気機器株価指数 1610 10口 21,000円
ダイワ上場投信-東証銀行業株価指数 1612 100口 30,400円
東証電気機器株価指数連動型上場投資信託 1613 10口 20,950円
東証銀行業株価指数連動型上場投資信託 1615 10口 3,020円

最低売買代金は2007年12月28日終値で計算(手数料・消費税は考慮しておりません)

株式ミニ投資キャンペーン中

2008年1月31日(木)約定分まで、株式ミニ投資の手数料が一約定99円(税込)になるキャンペーンを実施中!従来の株式投資に比べて取引金額の低い株式ミニ投資の敷居がさらに低くなります。日本株での分散投資の強い味方になります。
























キャンペーン手数料 99円 税込/1約定につき
対象銘柄 株式ミニ投資対象銘柄全て

~~~以上、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋~~~

今回の取引可能銘柄の追加により、ミニ株で買えるETFは下記の14銘柄となります。















































































銘柄コード 銘柄名 市場
1305  ダイワ上場投信ートピックス 東証
1306  TOPIX連動型上場投資信託 東証
1308  上場インデックスファンドTOPIX 東証
1310  ダイワ上場投信ートピックス・コア30 東証
1311  TOPIX CORE30連動型上場投資信託 東証
1312  ラッセル野村小型コア・インデックス連動型上場投資信託 大証
1320  ダイワ上場投信ー日経225 大証
1321  日経225連動型上場投資信託 大証
1329  iシェアーズ日経225 東証
1330  上場インデックスファンド225 東証
1610  ダイワ上場投信ー東証電気機器株価指数 東証
1612  ダイワ上場投信ー東証銀行業株価指数 東証
1613  東証電気機器株価指数連動型上場投資信託 東証
1615  東証銀行業株価指数連動型上場投資信託 東証

ETFはミニ株を使わずに普通に買うと、最低投資金額として10万円以上必要な銘柄が多くなっています。

10万円以下の小額でETFを積み立てていきたいと考えている長期投資家にとって、ミニ株は便利でしょう。

▼関連記事 単元未満株取引サービスの解説

プチ株とは (株式用語解説)

S株とは (株式用語解説)

まめ株とは (株式用語解説)

ミニ株とは (株式用語解説)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年8月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で10万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする