マネックス証券、セキュリティを強化したログイン機能を導入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネックス証券が1月16日からセキュリティをより一層強化したログイン機能、「MYログイン」サービスを導入すると発表しました。個人投資家が使用しているパソコンをシステムが個別に認識し、第三者が別のパソコンからのログインができなくなるセキュリティーシステムを導入します。

「MYログイン」サービスを使うと、ユーザーが普段使用していないパソコンからログイン画面に接続があった場合、本人しか回答を知らない質問が表示され、それに答えられなければログインできなくなります。

「MYログイン」サービスの利用は無料となっています。フィッシング詐欺などでパスワードを盗まれても、本人以外が利用できないようにすることで安全性が高まります。

以下、マネックス証券のウェブサイトからの抜粋です。

セキュリティを強化したログイン機能、開始します

セキュリティをより一層強化したログイン機能、「MYログイン」サービスを1月16日(水)15:30頃(予定)より開始します。

ご希望のお客さまのみ、従来のログイン機能に替えて、「MYログイン」サービス(無料)をご利用ください。

■ MYログインサービスの特長

(1)フィッシング詐欺※1対策として有効

ログイン時、あらかじめお客さまが選択した画像(「MYピクチャ」)とキーワード(「MYフレーズ」)を表示することで、本物の当社ログイン画面であることが確認できます。

悪意のある第三者から当社に似せたログイン画面へ促すメールが届いても、すぐ偽物と気づき、フィッシング詐欺の危険を回避できます。

※1 フィッシング詐欺とは
本物に似たページを作成することで金融機関などのウェブサイトを装い、パスワード・アカウント情報やクレジットカード番号などを入力させて個人情報を盗み取る詐欺のことです。

(2)ログインIDの悪用を防ぐ

普段と異なるパソコン(環境)でログインしようとすると、あらかじめお客さまが選択した質問(「秘密の質問」)が表示され、正解しない限り、ログインできません。

こういったセキュリティの強化施策は、他の証券会社にも追随してもらいたいものです。ネット証券業界には「パンプ アンド ダンプ」という犯罪手法が存在するので、セキュリティのレベルは高いに越したことはありません。

▼pump-and-dump (パンプアンドダンプ)とは

pump-and-dump・・・オンライン株取引を狙った株価操縦詐欺のこと。

まず犯人が被害者のコンピュータや公共の場にあるコンピュータにスパイプログラムをロードし、ユーザーの行動を監視して口座番号やパスワードなどの機密情報を入手します。

そして、犯人が自分の口座でAという銘柄を買ったとします。その後、犯人は被害者の投資口座を利用してA銘柄を購入し値を吊り上げます。その後、自分が持っているA銘柄を売り逃げて利益をかすめ取るという犯罪手法がpump-and-dumpです。

これはインターネット大国かつ金融大国であるアメリカでは実際に起こっている犯罪手口です。pumpはポンプのことで、dumpは「どさっと落とす」という意味です。

▼関連記事

ジェット証券のサーバーに不正接続した日立製作所社員が逮捕

アメリカではネット証券がらみのサイバー犯罪が進んでいる

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで現金5000円がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年4月28日まで口座開設とFX取引で、現金5000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする