ライブスター証券のメリットとは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブスター証券は、現在、オンライン証券業界の中で、株取引の手数料が最も安い部類に入る証券会社です。ライブスター証券でオンライン株取引をするメリットは大きくいって6つあります。

  1. 株の現物取引の手数料が安い
  2. 信用取引の手数料と金利が安い
  3. 逆指値やOCO注文など多彩な注文方法が使える
  4. 株取引と日経225先物取引に対応したパソコン用トレーディングツールの利用料が無料
  5. 日経225先物と日経225miniの通常手数料が安い。しかも、キャンペーンで2ヶ月間、手数料無料
  6. 株取引と日経225先物取引に対応したスマートフォン用アプリの出来がよい

メリット1 株の現物取引の手数料が安い

ライブスター証券は、株の現物取引の手数料が業界最安値水準となっています。手数料の詳細については、下記リンク先の記事をクリックしてください。

SBI・楽天証券・マネックス・カブドットコム・松井証券といったオンライン証券大手5社よりも、ライブスター証券の現物株取引の手数料が安くなっています。

また、ライブスター証券は、今なら口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。

メリット2 信用取引の手数料と金利が安い

ライブスター証券は、株の信用取引の手数料が安くなっています。また、制度信用取引の金利も年2.30%と安くなっています。手数料と金利の詳細については、下記リンク先の記事をクリックしてください。

また、ライブスター証券は、今なら口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。

メリット3 逆指値やOCO注文など多彩な注文方法が使える

株取引において逆指値OCO注文など便利な注文方法が使えます。

↓以下、ライブスター証券の株取引において使える発注方法の一覧です

■「通常の注文」の種類

執行条件
内容
指値 現在の価格よりも有利な条件で売買が行いたい時に、価格を指定する注文方法です。
寄指

前場または後場の最初の売買で執行する指値注文です。前場寄付前に発注された寄指注文は、前場の寄付のみ有効です。

(後場には引き継がれません。ただし、前場に寄り付かなかった場合は、後場に引き継がれます。)

引指

前場または後場の引けに執行する指値注文です。前場引け前に発注された引指注文は、前場の引けのみ有効です。

(後場には引き継がれません。ただし、ザラ場引けの場合は約定せず、失効となります。)

不成

引けまでは指値注文として扱われ、約定しなかった場合、引けに自動的に「成行」注文として執行されます。前場引け前に発注された不成注文は、前場のみ有効です。

(後場には引き継がれません。ただし、ザラ場引けの場合は約定せずに、失効となります。)

成行 価格を指定せずに発注し、市場に出ている注文で一番条件が良く(買いであれば最も安く、売りであれば最も高い価格)、成立する可能性が高い気配値(最良買気配値、最良売気配値)に相対させる注文方法です。
寄成

前場または後場の最初の売買で執行する成行注文です。前場寄付前に発注された寄成注文は、前場の寄付のみ有効です。

(後場には引き継がれません。ただし、前場に寄り付かなかった場合は、後場に引き継がれます。)

引成

前場または後場の引けに執行する成行注文です。前場引け前に発注された引成注文は、前場の引けのみ有効です。

(後場には引き継がれません。ただし、ザラ場引けの場合は約定せず、失効となります。)

■特殊注文の種類

注文方法
内容
逆指値S 現在の価格を基準として、買いの場合は「以上」、売りの場合は「以下」の価格を指定し、その価格に到達した時点で「成行」または「指値」注文を発注する注文方法です。
逆指値M 現在値を基準として、買いの場合は「以下」、売りの場合は「以上」の価格を指定し、その価格に到達した時点で「成行」または「指値」注文を発注する注文方法です。
OCO注文

指値注文または不成注文と逆指値Sまたは逆指値Mを同時に発注する注文方法です。

指値注文が約定すると逆指値注文がキャンセルされ、価格が逆指値条件に到達した場合は、発注済みの指値注文または不成注文が、成行注文または指値注文に訂正されます。

IFD注文

買付注文と売却注文予約を同時に発注できる注文方法です。もし一つ目の注文(IF側:親注文)が約定すると、もう一方の注文(DONE側:子注文)が発注されます。

※信用取引の場合は、新規建て注文と返済注文になります。

IFDO注文

買付注文と同時にOCO注文を発注できる注文方法です。

※信用取引の場合は、新規建て注文と返済OCO注文になります。

IFD、IFDO注文は、買い注文と売り注文(信用取引の場合は、新規建て注文と返済注文)をセットで発注する注文です。

IFD注文の場合、例えば、現物株が500円で買えたら520円の売り指値注文を出したい場合などに使います。

IFDO注文の場合は、例えば、現物株が500円で買えたら520円の売り指値と490円の逆指値を出したい場合などに使います。

メリット4 株と日経225先物に対応したトレーディングツールの利用料が無料

ライブスター証券にはlivestar R(ダウンロード版)という株取引と日経225先物取引に対応したトレーディングツールがあります。

「livestar R(ダウンロード版)」はパソコンにインストールして使うトレーディングツールで、利用料は無料です。

トレーディングツールがない証券会社だと、リアルタイムの株価を知るためには、株価更新ボタンを手動でクリックする必要があります。これは正直、めんどくさい作業です。

その点、ライブスター証券のようにトレーディングツールが使えると、トレーディングツールが自動で株価を更新してくれるので、リアルタイムの株価を知るのが楽です。特に条件なしで、トレーディングツールが無料なのはありがたいですね。

また、livestar Rには、あらかじめ注文条件を設定しておけば、ダブルクリックするだけで注文することができる板注文画面(スピード注文画面)があります。

▼「livestar R(ダウンロード版)」のサンプル画面

livestar_merit_livestarR_sample_01.jpg

メリット5 日経225先物と日経225miniの手数料が安い

日経225先物の手数料は一枚あたり片道250円(税抜)、日経225miniの手数料は一枚あたり片道35円(税抜)です。日経225miniの手数料は現在、業界最安値となっています。

また、ライブスター証券は、今なら口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。

メリット6 株取引と日経225先物取引に対応したスマートフォン用アプリの出来がよい

ライブスター証券には「livestar S」というiPhoneとAndroidスマートフォンに対応した取引アプリがあります。株取引と日経225先物取引に対応しています。

このアプリは、リアルタイムで自動更新される板情報(気配値)を見ることが可能です。また「逆指値S、逆指値M、OCO注文、IFD注文、IFDO注文」などの特殊注文が使用可能で、個人的に出来がよいアプリだと感じています。

▼関連記事

まとめ

ライブスター証券は、株取引と日経225先物取引の手数料が安い会社です。

証券会社の中で1社だけ口座を開設して、株も日経225先物も、安いコストで取引したいという個人投資家におすすめです。取引コストが安いのが一番の長所といえます。

▼関連記事

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225miniとは

信用取引とは【株式用語解説】

制度信用取引とは【株式用語解説】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする