カブドットコム証券、常駐型自動メッセージ配信ツール「kabuガジェット」サービス開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カブドットコム証券が12月16日から常駐型自動メッセージ配信ツール「kabuガジェット」サービスを開始すると発表しました。

ガジェット(Gadget)とはデスクトップツールと呼ばれるソフトウェアの一種です。パソコンのデスクトップに常駐して、情報を表示したり、ツールとして使えるものをガジェットやデスクトップツールと呼びます。Widget(ウィジェット)と呼ばれることもあります。

「kabuガジェット」をPCにインストールし、PCのデスクトップに表示すると、投資情報や株式関連ニュースを見ることができるようになります。指標情報や株式に関連するニュースなどを手軽に確認できるとのことです。「kabuガジェット」では以下の情報を見ることができます。

■配信されるメッセージの種類





























最新情報 会員向けの最新情報
商品インフォメーション 現物株式・信用取引・プチ株・先物オプション取引・FX・Cワラント・IPO・PO・投資信託などに関する情報
キャンペーンインフォメーション キャンペーン情報
株式新聞速報ニュース 株式新聞社が配信するニュース
kabu.com投資情報局 当社オリジナル投資情報サービス
ロイター・ニュース(予定) ロイター・ジャパンが配信するニュース
各種指標 ・日経平均(20分ディレイ)を配信

・TOPIX(20分ディレイ)を配信

・カブドットコム証券(8703)の株価(20分ディレイ)を配信

・夜間取引(PTS)指数

以下、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~

2007年12月11日

常駐型自動メッセージ配信ツール「kabuガジェット」サービス開始

~ 投資情報や株式関連ニュースなどの新着情報を自動通知。利用料【無料】 ~

カブドットコム証券株式会社は、2007年12月16日(日)のお客さま向けWEBサイト全面リニューアルに伴い、同日の2007年12月16日(日)予定で、常駐型自動メッセージ配信ツール「kabuガジェット」サービスを開始いたします。

「kabuガジェット」は、当社のお客さま向けWEBページからダウンロードし、簡単なインストール後、利用できる無料のソフトウェアです。お客さまは、「kabuガジェット」をPCのデスクトップに表示するだけで、投資情報や株式関連ニュース、カブドットコム証券のオリジナル情報などが簡単に確認いただけるようになり、利便性がより向上すると確信しております。

今後、お客さまご自身で設定された株価・投資信託などの自動通知サービス「カブコール(R)」「投信カブコール」の通知先として、電話・携帯電話(自動音声通知)、Eメールに加え、「kabuガジェット」が加わる予定です。更にお客さま毎に個別メッセージ(評価損益、ご連絡事項など)の配信も予定しております。

■「kabuガジェット」の特徴

「kabuガジェット(TM)」がデスクトップに表示されている間は、随時、新着情報が配信されます。(15分ごと更新)新着情報が配信されたらすぐに確認することができます。指標情報や株式に関連するニュースなどを手軽に確認するのに最適です。気になる記事を見つけましたら、クリックすると関連サイトが表示されます。

※配信される記事は、約15分ごとに更新されます。

■「kabuガジェット」の概要













情報利用料 無料
御利用条件 当社に口座をお持ちのお客さま
動作環境(OS) Windows 2000/XP/Vista

■配信されるメッセージの種類





























最新情報 会員向けの最新情報
商品インフォメーション 現物株式・信用取引・プチ株・先物オプション取引・FX・Cワラント・IPO・PO・投資信託などに関する情報
キャンペーンインフォメーション キャンペーン情報
株式新聞速報ニュース 株式新聞社が配信するニュース
kabu.com投資情報局 当社オリジナル投資情報サービス
ロイター・ニュース(予定) ロイター・ジャパンが配信するニュース
各種指標 ・日経平均(20分ディレイ)を配信

・TOPIX(20分ディレイ)を配信

・カブドットコム証券(8703)の株価(20分ディレイ)を配信

・夜間取引(PTS)指数

■ガジェット(Gadget)とは
「目新しい道具」、「面白い小物」といった意味を持つ用語。時計や電卓、カレンダーなどの小規模なアプリケーションのこと。デスクトップ上に置かれるものと、WEBブラウザで動作するものの2つのタイプがあります。

~~~以上、カブドットコム証券のウェブサイトからの抜粋~~~~~

カブドットコム証券は、証券会社の中では珍しくシステム開発を全て自社で行っています。そのため、他社に先駆けて新サービスを開発することが多くなっています。

▼関連記事

カブドットコム証券、12月16日からロイター・ニュースの配信開始

カブドットコム証券、残高照会画面が自動更新する「残高照会フラッシュ」のサービス開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年3月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年3月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年3月31日まで、1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年3月31日まで口座開設とFX取引で、最大10万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする