ジャストシステム、バブル崩壊の巻

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月22日、ジャストシステムの株価が前日比-400円(-18.10%)のストップ安となりました。
ちなみに9月21日も400円値下がりしていました。
以下、ジャストシステムの三ケ月チャートです。
素晴らしく美しい上髭が出現しています。

4686-0922.gif

ジャストシステム株は、9月12日以降、一日10%以上値上がりするのが日常茶飯事というバブリーな状況になっていました。
 ■参考:ヤフーファイナンス ジャストシステム
株価上昇の要因ですが、ジャストシステムが開発した「xfy」という新技術が大ヒットするのではないかという憶測が市場に広がったためです。
この「xfy」という技術は、ジャストシステムのウェブサイトを読んでも、どんな技術なのかよくわかりません。それが株式市場でウケた理由だと思われます。
「よくわからない → けど、なんかすごそう → 買っとけ」という心理です。
ITバブルのときと同じ心理ですね。「インターネットのことはよくわからんけど、ヤフーの株価は1億円でいいでしょ」みたいな。
これと同じように、バイオ関連銘柄も業務の内容を理解するのが難しいんですが、なんだか期待ができそうなため、割高な株価がつくことがよくあります。
話がそれましたが、ジャストシステムの株価は今月に入ってから明らかにバブル状態にあり、どの投資家が最高値を掴むかという、ババ抜きゲームになっていました。
短期的にみて、ババは9月21日の最高値2,985円だったようです。
チャートを見て、9月21日の夜に信用取引空売りをしたいなと思ったのですが、ジャストシステムは空売りができません。やっぱり空売りは難しいですね。
魅力的なチャートの株を見つけても、貸借銘柄でかつ取引規制がない状態でないと売れませんから。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする