GMOインターネット証券、「クリック証券」へ社名を変更 2008年度以降にマザーズ上場を目指す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月3日、GMOインターネット証券の社名がクリック証券
に変わりました。今年、同社の大株主に変更があったからです。

GMOインターネット証券の親会社だったGMOインターネットは2007年8月にローン・クレジット(消費者金融)事業からの完全撤退を発表しました。グレーゾーン金利を規制する貸金業法の改正により、消費者金融業界の見通しが不透明となったからです。

消費者金融事業撤退によって発生した損失を穴埋めするために、GMOインターネットはGMOインターネット証券を熊谷正寿氏に売却されました。GMOインターネット証券はGMOインターネットの子会社ではなくなったので、社名をクリック証券に変更することと相成りました。

なお、下記リンク先のKIGYOKA.COMの記事によると、クリック証券の高島社長は2008年度以降に同社のマザーズ上場を目指すとのことです。

クリック証券、高島秀行社長「マザーズ上場めざしたい」

 インターネット専業の証券会社であるクリック証券(東京都渋谷区 旧・GMOインターネット証券)の高島秀行社長は3日、事業戦略説明会を開き、2008年度以降にマザーズに上場する方針を明らかにした。取扱金融商品の業界最安値水準を目標に、顧客の獲得を図る。

~~~中略~~~

「ネット証券が頭打ちと言われる中、異例なことに当社は業績は伸ばしている。07年7月には黒字転換も達成した。今後はマザーズ上場をめざしたい」と高島秀行社長は語った。

上場企業になると財務状況が詳しくわかるようになります。金を預ける個人投資家の立場としては証券会社の財務状況を把握しておきたいので、早期の上場に期待したいと思います。

▼参考 : 以下、クリック証券のウェブサイトからの抜粋です。

クリック証券に生まれ変わります

平素よりGMOインターネット証券をご利用いただき、誠にありがとうございます。
さて、GMOインターネット証券は、2007年12月3日(月)をもちまして「クリック証券」に社名を変更いたします。

クリック証券は、今後も業界最安値水準の手数料体系を維持するのみならず、お客様の多様なニーズにお応えできるよう、総合的な金融サービスを目指して取扱商品の充実に取り組み、より使いやすく、より利便性の高い最先端の取引システムと革新的なサービスを提供すべく邁進してまいります。

今後とも倍旧のご愛顧お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

2007年12月
クリック証券株式会社
代表取締役社長 高島秀行

変更後の商号について

社名
クリック証券株式会社

英表記
CLICK Securities, Inc.

ホームページURL
http://www.click-sec.com

入出金名義の変更について
社名変更に伴いまして、入出金時の当社口座名義についてご案内いたします。
各金融機関において入金先口座番号に変更はございませんが、入金時の口座名義人が12月3日より新社名へと順次変更となります。ご承知おきの程をお願いいたします。

入金時及び出金時の当社名義
ジーエムオーインターネツトシヨウケン(カ

クリツクシヨウケン(カ

入金先口座番号
変更ございません

サービス名称の変更について
社名変更に伴いまして、一部のサービス及びツールについて名称変更をいたします。





















旧名称

新名称

GMO-FX

クリックFX

GMOインターネット証券Webサービス

クリック証券Webサービス

GMO夜間取引

夜間取引

G-MOBILE KING

モバトレ君アプリ

モバトレ君アプリFX

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする