OHT株の株価操縦事件、やはり椿康雄 弁護士が関与か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気検査装置メーカーOHT(オー・エイチ・ティー)株の信用取引を巡り、顧客の代金未払いで証券会社に128億円もの損失が出た問題ですが、読売新聞から続報が出ました。

証券取引等監視委員会が、海外に逃亡中の椿康雄弁護士がOHT株の株価操縦に関与したと断定したということです。以下、読売新聞のウェブサイトからの抜粋です。

OHT株事件、証券監視委が逃亡弁護士の関与断定

東証マザーズ上場の電気検査装置メーカー「オー・エイチ・ティー」(OHT、広島県福山市)株の信用取引を巡って証券会社に100億円を超える損失が出ている問題で、証券取引等監視委員会はOHT株の株価操作に椿康雄弁護士(53)が関与したと断定した。

 監視委は29日、椿弁護士と協力したとして、別の株価操作事件で公判中の無職中前祐輔(54)(東京都港区)と同関沢賢治(44)(埼玉県越谷市)の両被告を証券取引法違反(相場操縦)の疑いでさいたま地検に告発。椿弁護士は海外に逃亡しており、帰国次第、事情聴取に踏み切り告発する。

中前祐輔氏と関沢賢治氏は逮捕されましたが、肝心の椿康雄弁護士はタイに出国した後、行方がわからなくなっているようです。

なお、OHT株による各証券会社の損失額について興味がある方は、下記リンク先の記事をみて下さい。

▼関連記事

OHT株暴落による証券会社の損失金額の比較表

OHT株、株価操縦事件のカテゴリ

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする