岡三ネットトレーダースマホFのAndroid版を使った感想 【レビュー】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.3.16 Last Update!

岡三オンライン証券には、スマートフォンおよびタブレット端末向けの日経225先物取引アプリ「岡三ネットトレーダースマホF」があります。

「岡三ネットトレーダースマホF」ですが、2012年6月8日に、まずAndroid版がリリースされました。Android版は、OSがAndoroid2.1以上のスマートフォンに対応しており、利用料金は無料となっています。

「岡三ネットトレーダースマホF」は日経225先物取引において、「通常」、「通常(SO)」、「逆指値注文」、「OCO注文」、「IFD注文」、「IFDO注文」などPCと同等の注文機能を搭載しています。また、板発注も可能です。 そして、ニュース機能やチャート機能が備わっています。

ちなみに、「岡三ネットトレーダースマホF」には、iPhone版とiPad版も存在します。 詳しく知りたい方は、下記リンク先をクリックしてください。

  1. 岡三ネットトレーダースマホFのiPhone版を使った感想 【レビュー】
  2. 「岡三ネットトレーダースマホF for iPad」を使った感想 【レビュー】

私は岡三オンライン証券の口座と、イーモバイルの「HTC Aria S31HT」というAndroid携帯を持っているので、「岡三ネットトレーダースマホF」を実際に使ってみました。

以下、「岡三ネットトレーダースマホF」についてのレビューです。

▼岡三ネットトレーダースマホFを使った感想 【レビュー】

▼岡三ネットトレーダースマホFの長所

  1. リアルタイムで自動更新される日経225先物の板情報(気配値)を見ることが可能
  2. ロイター・ニュース」や「時事通信社」といったニュース配信会社から配信される株式関連情報を見ることが可能。
  3. 注文価格をタップするだけで発注が行える「スピード注文」が利用可能
  4. 「通常」、「通常(SO)」、「逆指値」、「OCO注文」、「IFD注文」、「IFDO注文」などPCと同等の注文機能を搭載している
  5. 板発注機能もある
  6. 日経225先物取引のナイト・セッションに対応している

岡三オンライン証券のスマートフォン用株取引アプリの「岡三株スマホ」は、逆指値注文やOCO注文などの特殊注文は利用できません。また、板発注もできません。

それに対して、スマートフォン用 日経225先物取引アプリの岡三ネットトレーダースマホFは、OCO注文などの特殊注文が使えますし、板発注も可能です。

また、「岡三株スマホ」は気配値が最短で5秒ごとの自動更新なのですが、「岡三ネットトレーダースマホF」の気配値はリアルタイムの自動更新となっており、この点でも優れています。

というわけで、「岡三株スマホ」より「岡三ネットトレーダースマホF」の方が、かなり出来映えがよい印象です。

▼参考 – 岡三オンライン証券ウェブサイトより

以下、岡三オンライン証券ウェブサイトから「岡三ネットトレーダースマホF」についての抜粋です。

~~~~

okasan_nettrader_smartphone_01.gif

特徴

「スピード注文」や「板発注」など、豊富な注文機能や多彩なテクニカルチャートを搭載。いつでもどこでも、先物・OP取引が可能です。

  • 「スピード注文」はタップするだけ!
  • 見やすいボード画面、板発注も可能!
  • リアルタイムニュース
  • 多彩なチャート機能
  • 便利な「セット注文」、「一般設定画面」でらくらく取引!

「スピード注文」はタップするだけ!

注文価格をタップするだけで素早く発注が行える「スピード注文」。

変動の激しい相場でも、簡単な操作で直感的に取引できるのでチャンスを逃しません。

okasan_nettrader_smartphone_02.jpg

その他、「通常」、「通常(SO)」、「OCO」、「IFD」、「IFDO」などPCと同等の多彩な注文機能を搭載しているため、外出先でも安心してお取引いただけます。

okasan_nettrader_smartphone_03.jpg

見やすいボード画面、板発注も可能!

日経225先物、日経225先物mini、OPセンシティブティ、OP権利行使価格リストをスクロールで自由に切り替えが可能です。

okasan_nettrader_smartphone_04.jpg

リアルタイムニュース

お客さまに定評のある「ロイターニュース」や「時事通信」をスマートフォンにも配信いたします。最新マーケット情報が外出先でも確認できます。

okasan_nettrader_smartphone_05.jpg

多彩なチャート機能

TOPIXやJASDAQなど、他の指数と比較してチャートを描画する比較チャート機能を搭載。リアルタイムのチャート描画にくわえ、18種類の豊富なテクニカル指標がチャート分析を強力にサポートします。

okasan_nettrader_smartphone_06.jpg

便利な「セット注文」、「一般設定画面」でらくらく取引!

複数の銘柄を一括で発注できる「セット注文」を搭載。最大4つまで登録することが可能です。

一般設定画面では、注文種別や注文数量、注文増減倍数の変更などを保存することができます。

okasan_nettrader_smartphone_07.jpg

~~~以上、岡三オンライン証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

▼iPhone用のトレードツール

▼Android用のトレードツール

▼iPad用のトレードツール

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする