SBI証券、米国ETF ヴァンエックの8銘柄、取扱を開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月18日、SBI証券がマーケット・ベクトルETFの8銘柄を新たに取扱いを開始しました。マーケット・ベクトルETFはヴァンエック・グローバルが運用を行うETFです。

取扱対象の8銘柄は、主に米国市場に上場するセクター別の代表銘柄で構成された指数をベンチマークとしたETFとなり、ウラニウム・原子力エネルギーから医薬品、半導体、小売など、それぞれが特色のあるETFとなっています。

以下、新ETFの詳細になります。

ティッカー/コード※
名称
ETFの内容
市場 信託報酬
BBH マーケット・ベクトル・バイオテクETF マーケット・ベクトル米国上場バイオテク25指数は米国の証券取引所に上場する、外国企業を含むバイオテクノロジー関連企業を対象としています。 NYSE Arca 0.35%
NLR マーケット・ベクトル・ウラニウム+原子力エネルギーETF

DAXグローバル原子力エネルギー指数は世界の原子力エネルギー関連の公開企業から構成されています。

ウラン鉱採鉱から関連プラント建設、電力事業者までの分野からバランス良く選ばれ、原子力発電のプロセス全体をカバーしています。

NYSE Arca 0.60%
OIH マーケット・ベクトル石油サービスETF

マーケット・ベクトル米国上場石油サービス25指数に連動することを目標とします。

石油関連サービスの企業とは、売上の大部分を石油関連機器、石油サービス、原油探査など石油サービス事業から生み出している会社のことです。

NYSE Arca 0.35%
PPH マーケット・ベクトル医薬品ETF

マーケット・ベクトル米国上場医薬品25指数は米国の証券取引所に上場する、外国企業を含む薬品企業を対象としています。

売上の大部分を医薬品の研究開発、生産、マーケティング、販売などの医薬品事業から生み出している会社から構成しています。

NYSE Arca 0.35%
RKH マーケット・ベクトル銀行・証券ETF 売上の大部分を投資銀行、証券、大企業向け融資のような幅広い範囲の金融サービス業から生み出している米国の証券取引所に上場する、外国企業を含む銀行及び証券会社を対象としています。 NYSE Arca 0.35%
RTH マーケット・ベクトル小売ETF 売上の大部分を小売流通、卸売、テレビ・ネットを含む通販、専門小売(アパレル、自動車、PC、電機、薬品、家具・ホームセンター、食品等生活必需品)など小売事業から生み出している米国の証券取引所に上場する、外国企業を含む小売企業を対象としています。 NYSE Arca 0.35%
SLX マーケット・ベクトル鉄鋼ETF ニューヨーク証券取引所アーカ鉄鋼指数は米国上場の製鉄関連(製鉄炉の運用、鉄鋼製品の加工、製銑〔鉄鉱石から鉄を取り出し、酸素を奪い還元する〕を含む)を主な事業とする企業から構成されています。 NYSE Arca
SMH マーケット・ベクトル半導体ETF 売上の大部分を半導体の製造と半導体製造装置など半導体事業から生み出している米国の証券取引所に上場する、外国企業を含む半導体関連企業を対象としています。 NYSE Arca 0.35%

※ティッカー/コード・・・日本の株式市場でいうところの証券コードのこと

「アメリカ市場に上場しているバイオ関連銘柄や半導体関連銘柄などに投資をしたい。しかし、どの会社を選べばよいのか判らない」という人には、上記のETFは便利でしょう。

▼関連リンク

9/18 お知らせ

米国ETF ヴァンエックの8銘柄、取扱を開始(9/18~)SBI証券のウェブサイト

▼関連記事

現在、株の夜間取引ができるのはSBI証券だけです

SBI証券のメリットとは?

年率1.66%の金利がつくSBI債を買えるのはSBI証券だけ

SBI証券、信用取引の大口顧客の金利を引き下げ

SOR注文とは 【株式用語解説】

SBI証券がスマートフォンサイトをオープン

SBI証券、「外国株式 週間ランキング」掲載開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする