KDDIの株価が堅調、日経が次世代無線免許をKDDI陣営へ交付と報じる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月15日、KDDI(株) 【東証1部:9433】の株価が前日比+13,000 (+1.68%)の終値789,000円と上昇しました。市場全体が軟調な中で健闘したといえるでしょう。

株価上昇の原因ですが、13日に日経新聞が「次世代無線免許はKDDI陣営へ交付される可能性が高い」と報じたからです。以下、日経のウェブサイトからの抜粋です。

次世代無線免許、KDDI陣営へ・ウィルコムも有力

総務省はKDDIを中心とする事業グループに屋外でも高速インターネットに接続できる次世代の高速無線通信の免許を与える方針だ。12月中旬に開く電波監理審議会(総務相の諮問機関)に諮問して正式に認められる見通し。残るもう1つの免許割当先はPHSのウィルコムが有力な情勢だ。総務省は16日以降、再度ヒアリングをして2つの事業グループを決める。

と、KDDIが免許をもらえるのは確定したかのような報道ですが、RBB TODAYの取材によると総務省はその件について否定したようです。以下、RBB TODAYからの抜粋です。

【総務省】WiMAX免許、2周めのヒアリングを開催――日経・朝日の新聞報道は否定

~~~前略~~~

なお、日経新聞、朝日新聞が、免許の方針についてKDDIグループのワイヤレスブロードバンド企画に決定したかのような報道がなされているが、総務省は明確にこれを否定した。最終的な決定はまだこれからで、すでに免許付与会社を絞り込んだり特定している事実はないとしている。今回の2周めのヒアリングの日程や順番についても、各企業、委員のスケジュール調整の結果であり、恣意的な組み合わせではないとしている。

次世代無線免許の交付が確定したからといって、すぐに収益に貢献するような話しではないのですが、しばらくは次世代無線免許の話題で株価が左右される展開になりそうです。

▼関連カテゴリ

携帯電話業界関連記事

携帯電話・PHS加入者数ランキング

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年12月31日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券4000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年10月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で1万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする