三菱東京UFJ銀行、カブドットコム証券株を1株18万円でTOB

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月14日、三菱東京UFJ銀行が、カブドットコム証券 【東証1部:8703】の株式10万株をTOB(株式公開買い付け)で取得すると発表しました。取得価額は1株18万円。買い付けの期間は2007年11月21日~12月19日となっています。

TOBに成功すれば、三菱UFJフィナンシャル・グループによるカブドットコム証券株の保有比率は40.78%から51.13%となります。

11月14日時点でのカブドットコム証券の終値は153,000円となっています。取得価額は1株18万円ですが、カブドットコム証券の総発行株式97万5687株のうち10万株だけの買い付けなので、株価がすぐに18万円になることはないと思われます。(市場全体が暴騰すれば話しは別ですが)

今年6月の株主総会ですでに三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社になっていたカブドットコム証券ですが、今回のTOBでさらに三菱UFJとの結びつきが強くなります。

今後、カブドットコム証券と三菱UFJは下記のような提携を行っていくとのことです。以下、カブドットコム証券のプレスリリースからの抜粋です。

式会社三菱東京UFJ銀行とカブドットコム証券株式会社との業務・資本提携のさらなる強化について

業務提携強化の内容

~~~中略~~~

【1】インターネットを通じた投資信託取引ニーズへの対応
インターネットを通じて、簡単で便利に、投資信託での資産運用を行いたいというお客さまのご要望に応えるため、カブドットコム証券の投資信託のサービスをより多くのお客さまにご利用いただけるようにしてまいります。その一環として、まず、カブドットコム証券が取り扱うETF(上場投資信託)をより多くのお客さまにご利用いただけるように、各種キャンペーン等を検討・準備してまいります。

【2】金融商品仲介業務の提携先拡大
MUFGグループ各社のネットワークを活用し、カブドットコム証券の金融商品仲介業務の提携先の拡大を図ってまいります。すでに、カブドットコム証券は来春の実現に向けて地方銀行等との金融商品仲介業務提携の準備を進めており、今後ますます金融商品仲介ネットワークを拡大してまいります。

(2)ポイントサービスによる銀行代理業の強化
三菱東京UFJ銀行のスーパーICカードのクレジットカード機能のご利用額に応じて蓄積したポイント(三菱東京UFJポイント)を使って、お客さまがカブドットコム証券との取引においても、さまざまなメリットを受け取れるように準備してまいります。

カブドットコム証券のユーザーは、三菱東京UFJ銀行の口座を持つことで、今後ますます便利なサービスを利用できるようになりそうです。

▼三菱東京UFJ銀行によるTOB発表文 (PDF)

株式会社三菱東京UFJ銀行によるカブドットコム証券株式会社株式に対する公開買付けの開始について (11/14 329KB)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする