松井証券の一日信用取引、「寄付・引け・指成」や「逆指値・追跡指値」に対応 【4月1日より】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松井証券には、既存の制度信用取引一般信用取引とは別物の一日信用取引という新種の信用取引が存在します。

「一日信用取引」はデイトレード限定とする代わりに、取引手数料が無料となる信用取引サービスです。

「一日信用取引」について興味がある方は、下記リンク先の記事をクリックしてください。

さて、この「一日信用取引」ですが、3月31日まで逆指値注文追跡指値注文は使用できませんでした。 また、注文する際に「引成」「寄付指値」「引け指値」などの執行条件を指定することもできませんでした。

しかし、2013年4月1日からは、「一日信用取引」でも逆指値注文や追跡指値注文が使えるようになりました。また、「引成」などの執行条件の設定も可能になっています。

4月1日から、一日信用取引において、「逆指値」と「執行条件の設定」は、会員画面でもネットストック・ハイスピードでもどちらでも利用が可能です。

ただ、追跡指値は会員画面では利用が可能になったのですが、、ネットストック・ハイスピードでは4月1日以降も利用ができません。

以下、松井証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~

【一日信用取引】「寄付・引け・指成」や「逆指値・追跡指値」に対応します!~ネットストック・ハイスピードからも利用可能~

2013年3月15日

松井証券では4月1日(月)より、多くのお客様からのご要望にお応えして、『一日信用取引』で「執行条件」の設定や「逆指値・追跡指値」が利用可能となります。

また、『大証日経225先物・オプション取引』でも、ネットストック・ハイスピードの「スピード注文」から 「執行条件」が設定可能となります。

「引成注文」や「逆指値」など、取引の幅を広げる注文が可能に!

今回の対応により、「寄付・引け・指成」が選択可能となるため、「成行」や「指値」と組み合わせることで、当日中に建玉を返済する際に便利な「引成注文」や「指成注文」が発注可能となります。また、「逆指値・追跡指値」も利用できるようになるため、テクニカル面で重要なポイントであらかじめロスカットを設定しておくなど、よりアクティブな取引が可能となります。

執行条件 値段
内容
引成注文 引け 成行 引けの板寄せ時のみ有効な成行注文
指成注文 指成 指値 引けの板寄せ時までに約定しなかった場合、値段を成行に変更する指値注文

※前場引けまでに「引け」や「指成」で発注した注文は、前場引けに執行されます。

※逆指値注文および執行条件付注文を利用した場合でも、相場状況により必ずしも約定しない場合や想定していた範囲から乖離した価格で約定が成立する場合があります。ご注意ください。

※逆指値・追跡指値を利用するには、逆指値口座の開設が必要です。

matsui_1day_shinyo_gyakusashine_20130315_001.gif

「ネットストック・ハイスピード」も「執行条件」「逆指値」に対応!

「ネットストック・ハイスピード」の「スピード注文」からも「一日信用取引」では新たに「執行条件」や「逆指値」が設定できるほか、「現物取引」「制度信用取引」「無期限信用取引」「大証日経225先物取引」でも「逆指値」に加えて「執行条件」が設定可能となります。プルダウンをクリックするだけで操作可能なので、機動性が求められるデイトレード時にも手間をかけることなくご利用可能です。

【4月1日以降の執行条件および発注区分の対応状況】

逆指値
追跡指値
執行条件
株式
現物株式取引
制度信用取引
無期限信用取引
一日信用取引
先物・オプション取引

※◎:会員画面およびネットストック・ハイスピード(スピード注文含む)で発注可
 ○:会員画面およびネットストック・ハイスピードで発注可
 △:会員画面で発注可

【ネットストック・ハイスピードにおける変更点】

matsui_1day_shinyo_gyakusashine_20130315_002.gif

matsui_1day_shinyo_gyakusashine_20130315_003.gif

引き続きお客様のご期待に添えるよう、一日信用取引を始めとしたサービスの改善を行ってまいります。今後とも松井証券をご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

▼関連リンク

『一日信用取引』の注文執行条件追加について
~執行条件に「寄付・引け・指成」を追加、逆指値注文・追跡指値注文も可能に~ (226KB)【PDF】

▼関連記事

ネット証券 手数料比較表

一日定額制 手数料比較表

信用取引 手数料比較表

一日定額制 「信用取引 手数料比較表」

株取引の手数料無料サービスがある証券会社 【取引し放題】

松井証券、海外先物取引の取扱銘柄を拡充

QUICKリサーチネットを無料で利用できる証券会社

松井証券、平和堂株など無期限信用取引の空売り可能銘柄を20社追加

松井証券、「株touch (Android版)」をリリース

未成年(20歳未満)でも株取引の口座を作ることができる証券会社

松井証券の「一日信用取引」の解説

一日信用取引の強制決済はどのタイミングで行われるか? 【実験】

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする