SBI証券、出金先口座として ゆうちょ銀行が指定可能に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月13日から、SBI証券のユーザーは、出金先口座として「ゆうちょ銀行」を指定できるようになりました。

以下、SBI証券のウェブサイトからの抜粋です。

登録金融機関口座への出金

お知らせ

2009/3/13(金)より指定金融機関(出金先口座)としてゆうちょ銀行をご指定いただけるようになりました。

なお、配当金受領サービスの登録配当金受領口座方式及び国内上場外国株配当金振込先口座においては、株主名簿管理人の都合によりご登録いただくことはできかねております。何卒ご了承ください。

出金方法

登録金融機関へのご出金指示は、ログイン後の当社WEBサイト「口座管理」>「出金・振替指示」画面、モバイル端末、IVRシステムより可能です。

「指定銀行へ振込」を選択し、指示可能金額の範囲内で出金金額を入力、もしくは音声ガイダンスに沿って操作してください。

※15:00までに受付いたしました出金指示については、翌銀行営業日にお客様の登録銀行口座へお振込いたします。

※15:00以降に受付いたしました出金指示については、翌々銀行営業日のお振込となります。

出金指示後の出金取消について

出金指示後の出金取消は、ログイン後の当社WEBサイト、モバイル端末、IVRシステムより可能です。

「口座管理」>「出金・振替指示」画面、「出金・振替指示状況」欄の「取消」をクリック、もしくは音声ガイダンスに沿って操作し、出金指示の取消をお申し込みください。

※出金指示の取消は、出金予定日の前営業日15:00までお受けいたします。15:00以降はお受けできませんので予めご了承ください。

これで「ゆうちょ銀行」をメインバンクにしている個人投資家も、SBI証券を使いやすくなることでしょう。

あとは、ゆうちょ銀行からSBI証券の口座へ即時入金が可能になることを期待したいと思います。

▼関連記事

ネット銀行(ネットバンク)の長所と短所

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年7月31日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする