アプリックスの株価がストップ高、グーグルの携帯電話向けプラットフォーム団体に参加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月6日、携帯向け組み込みソフト開発のアプリックス 【マザーズ:3727】の株価が前日比+30,000 (+17.44%)の終値202,000円と急騰しました。ストップ高です。

11月5日に米Googleが携帯電話向けのプラットフォーム開発を目的とした業界団体「Open Handset Alliance」の結成を発表し、この団体の加盟企業にアプリックスがあったからです。

同社を含めて34社が参加しますが、日本勢ではアプリックスの他に、画像編集技術のリビングイメージ・KDDI・NTTドコモの3社も参加となっています。

外国勢としては、半導体メーカーのインテルやクアルコム、テキサス・インスツルメンツ、ブロードコム、携帯電話メーカーではHTC、LG電子、モトローラ、サムソンが参加。ソフトウェアベンダではグーグルのほかにイーベイなどが参加します。

詳細について興味がある方は、下記リンク先のITproのウェブサイトを見てみて下さい。

Google,モバイル・プラットフォーム「Android」の開発に向け33社と提携

~~~前略~~~

 Open Handset Allianceの参加メンバーは次の通り。アプリックス,米Ascender,米Audience,米Broadcom,中国China Mobile,米eBay,スイスEsmertec,Google,台湾High Tech Computer(HTC),Intel,KDDI,リビングイメージ,韓国LG Electronics,米Marvell,米Motorola,米NMS Communications,スイスNoser,NTTドコモ,米Nuance Communications,米Nvidia,米PacketVideo,米QUALCOMM,韓国Samsung,米SiRF Technology,米SkyPop,米SONiVOX,米Sprint Nextel,米Synaptics,スウェーデンThe Astonishing Tribe(TAT),イタリアTelecom Italia,スペインTelefonica,米Texas Instruments(TI),T-Mobile,米Wind River。

先日は、Googleとの提携を発表したミクシィの株価が急騰しましたが、今日はアプリックスの株価が上がりました。やはりGoogleのネームバリューは、新興市場銘柄の株価材料としては影響が大きいようです。

▼関連記事

米国株式(Google グーグル)を10株買いました

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする