楽天証券、2014年7月1日から「国内商品先物取引」の取扱いを開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券が2014年7月1日から国内商品先物の取扱いを開始すると発表しました。オンライン証券業界において、国内の商品先物(コモディティ)の取扱いを始めるのは、珍しい試みです。

ちなみに、商品先物の取扱いを開始するために、楽天証券は連結子会社である商品先物取引サービス提供会社のドットコモディティを、2014年7月1日付けで吸収合併するということです。

以下、楽天証券ウェブサイトの発表文からの抜粋です。

2014年6月10日

楽天証券株式会社

ドットコモディティ株式会社

ネット証券唯一の国内商品先物取引の取扱い開始のお知らせ【PDF】

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都品川区、以下「楽天証券」)は、当社連結子会社であるドットコモディティ株式会社(代表取締役社長:舟田 仁、本社:東京都渋谷区、以下「ドットコモディティ」)と関係当局の認可を条件に合併し、2014年7月1日(火) から国内商品先物取引の取扱いを開始いたします。これにより、ネット証券で唯一の国内商品先物取引を提供することになります。

 ~~中略~~

 このたびの新サービスの開始に伴い、当社ホームページに新たなコンテンツ『商品先物』ページを併設し、楽天証券の商品取引部門のサービスブランドとしてのロゴを新たに使用いたします。取引口座につきましては、既存の楽天証券「総合取引口座」と国内商品先物取引専用の「ドットコモディティ口座」を平行して提供いたします。

 楽天証券では、従来より海外市場の原油や金などのドル建てのコモディティを取り扱っておりましたが、預かり資産、口座数、売買高等 No.1のネット商品先物会社であるドットコモディティを吸収合併することによって、商品先物取引のノウハウを楽天証券のお客様にも提供し、総合的な投資サービスの提供を進めてまいります。

現在、楽天証券のパソコン用トレーディングツールであるマーケットスピードでは、株式取引だけではなく日経225先物取引や海外先物取引を行うことが可能です。

今後は、マーケットスピードで国内商品先物の取引を行うことができる日が来るかもしれません。もし、その日が来たら、当サイトで記事として取り上げたいと思っています。

▼関連記事

楽天証券のiSPEED for iPadを使った感想 【レビュー】

楽天証券のユーザーが167万人超え 【5月に証券取引システムをアップグレード】

楽天証券のスマートフォンサイトで投資信託の取引が可能になりました

ジェイコム20億男BNF氏が楽天証券を使う理由とは?

マーケットスピードの無料利用条件の解説

楽天証券の「iSPEED 先物OP」を使った感想【スマートフォン用 日経225先物取引アプリ】

楽天証券において米国株式が1株から購入可能になりました【2013年11月25日より】

楽天証券の米国株取引において日本円で直接売買が可能になりました【2013年11月25日より】

楽天証券、米国投資情報『バロンズ拾い読み』の無料提供を開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2016年12月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2016年12月31日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年1月31日まで、15000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は最強の個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2016年12月31日まで口座開設とFX取引で、最大8万円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする