SMBC日興証券、一般信用取引の取り扱い開始 【手数料無料】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SMBC日興証券が 2011年12月5日から、一般信用取引の取り扱いを開始すると発表しました。

制度信用取引では建玉を最大で6ヶ月までしか保有できませんが、SMBC日興証券のオンライン株取引において、一般信用取引を利用すれば最長で3年間買建玉を保有できます。

ちなみに、SMBC日興証券のオンライン株取引においては、一般信用取引も制度信用取引も両方とも、常に取引手数料が無料となっています。

オンライン証券業界で信用取引の手数料が常時無料なのは、SMBC日興証券だけです。

なお、SMBC日興証券のオンライン株取引において、信用取引の買方金利は、一般信用取引も制度信用取引も両方とも、年率2.67%となっています。

制度信用取引の金利としては標準的な数値ですが、一般信用取引の中では「年率2.67%」は安い方です。

以下、SMBC日興証券のウェブサイトからの抜粋です。「日興イージートレード」とは、SMBC日興証券が提供しているオンライン株取引サービスの名称です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日興イージートレード信用取引 一般信用取引の取り扱いスタート!

smbcnikko_ippanshinyo2011181.jpg

日興イージートレード信用取引におきまして、ダイレクトコースのお客様を対象に、12月5日より「一般信用取引」の取り扱いを開始いたします。

これにより、返済期限が3年、制度信用銘柄以外の銘柄も取り扱い、また上場初日から取引可能となるなど、日興イージートレード信用取引のサービスがさらに拡充します。

■「信用取引」には「制度信用取引」と「一般信用取引」の2種類があります。

制度信用取引
一般信用取引
取引
売り建て
買い建て
買い建て
ご利用対象 「日興イージートレード信用取引」口座開設済みのお客様 ダイレクトコースのお客様で、かつ「日興イージートレード信用取引」口座を開設済みであり、規定等の書面交付の電子化サービスにご同意されている方
返済期限
原則6ヶ月
原則3年
対象銘柄

東証(マザーズ含む)、大証(JASDAQ含む)および名証(セントレックス含む)の上場銘柄のうち、取引所が選定した銘柄

売り建て・・・貸借銘柄
買い建て・・・制度信用銘柄

東証(マザーズ含む)、大証(JASDAQ含む)および名証(セントレックス含む)の上場銘柄のうち、日興イージートレードでお取り扱いが可能な銘柄

(整理・監理ポスト割当銘柄や規制銘柄は除く) なお、上場初日から取引可

金利
0%
2.67%
(2011年11月現在)
2.67%
(2011年11月現在)
株式委託手数料

ダイレクトコース:無料(0円)

総合コース:支店でのお取引と比べて65%割引

無料(0円)

▼一般信用取引の取り扱いスタート キャンペーン

smbcnikko_ippanshinyo2011182.gif

対象者

期間中に「日興イージートレード信用取引」口座を開設した方で、かつダイレクトコースのお客様

※対象期間の最終日時点でダイレクトコースであれば、信用取引口座の開設とコース変更の順番は問いません。

特典 対象の方全員に「LEDブックライト」をプレゼントいたします。
特典の対象になるには
  • SMBC日興証券に口座があること
  • ダイレクトコースであること (対象期間の最終日時点で)
  • 「日興イージートレード信用取引」口座を(対象期間中に)開設

smbcnikko_ippanshinyo2011183.jpg

~~~以上、SMBC日興証券のウェブサイトからの抜粋~~~

残念ながら、SMBC日興証券の一般信用取引では空売りはできません。しかし、取引手数料が無料な点と、金利が年率2.67%とコストが安い点は、長所です。

▼関連記事

信用取引 手数料比較表

一日定額制 「信用取引 手数料比較表」

信用取引の金利比較表 (制度信用取引版)

信用取引の金利の安さランキング (一般信用取引版)

信用取引とは (株式用語解説 信用取引用語)

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年6月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年6月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。2017年5月31日まで現金5000円がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年5月31日まで口座開設とFX取引で、現金3000円がもらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする