楽天証券、マーケットスピード「バージョン12.2」を2013年12月26日にリリース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天証券にはマーケットスピードという株取引と日経225先物取引に対応したトレーディングツールがあります。

マーケットスピードはジェイコム20億男B・N・F氏が愛用しているトレーディングソフトとして有名です。

また、資産100億円トレーダーcis氏もマーケットスピードを利用しています。

さて、楽天証券がトレーディングツールマーケットスピードの最新版であるバージョン12.2を、2013年12月26日にリリースすると発表しました。

今回のバージョンアップでは、2014年より開始のNISA(ニーサ):少額投資非課税制度に対応します。マーケットスピードを使って、NISA口座内における株取引を行うことが可能になります。

以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~

マーケットスピード バージョン12.2(12月26日リリース)~NISA(少額投資非課税制度)対応~

rakuten_ms_nisa_20131226_001.jpg

楽天証券のトレーディングツール「マーケットスピード」を、2013年12月26日(木)にバージョンアップいたします。
今回のバージョンアップでは、2014年より開始されます、NISA(ニーサ):少額投資非課税制度に対応いたします。

「マーケットスピード Ver12.2」は2013年12月26日(木)午前7時(予定)からダウンロードしていただけます。

NISA(少額投資非課税制度)に対応いたします

2013年12月26日(木)(約定日ベース)からNISA(少額投資非課税制度)のご注文を出していただけるようになります。

rakuten_ms_nisa_20131226_002.gif

口座区分より、「非課」タブをご選択いただくとNISA(少額投資非課税制度)での買付が可能となります。


NISA(少額投資非課税制度)は2013年12月26日(木)(約定日ベース)から2014年の受渡しとなり、NISA口座でのお買付けが可能となります。

環境設定の「注文画面表示設定」より、非課税購買余力の表示/非表示の設定が可能です。

rakuten_ms_nisa_20131226_003.gif

rakuten_ms_nisa_20131226_004.gif

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

▼関連記事

NISA関連情報(ニーサ)

ジェイコム20億男BNF氏が楽天証券を使う理由とは?

マーケットスピードの無料利用条件の解説

「2013年大納会・2014年大発会」営業時間まとめ

楽天証券の「iSPEED 先物OP」を使った感想【スマートフォン用 日経225先物取引アプリ】

楽天証券において米国株式が1株から購入可能になりました【2013年11月25日より】

楽天証券の米国株取引において日本円で直接売買が可能になりました【2013年11月25日より】

楽天証券、米国投資情報『バロンズ拾い読み』の無料提供を開始

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする