住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行とATM提携、引き出し手数料無料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月15日、住信SBIネット銀行がゆうちょ銀行とATMの利用で提携したと発表しました。10月22日からゆうちょ銀のATMで住信SBIネット銀行のキャッシュカードを使った預け入れや引き出しができるようになります。

なお、個人客のATM手数料は無料です。ゆうちょ銀行が回数や時間帯に制限なく他社カードの利用手数料を無料にするのは初めてのことです。以下、住信SBIネット銀行の発表文からの抜粋です。

ゆうちょ銀行とのATM提携のお知らせ
~ ATMがますます便利に ~

2007年10月15日
住信SBIネット銀行株式会社

 住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中嘉一、以下「住信SBIネット銀行」という)は、平成19年10月22日(月)から株式会社ゆうちょ銀行(本社:東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長:高木祥吉、以下「ゆうちょ銀行」という)とATM提携を開始します。

 
この提携により、セブン銀行のATM(約1万2千台)に加えて、ゆうちょ銀行のATM(約2万6千台)での現金のお預け入れ、お引き出し等をご利用いただけるようになり、お客さまの利便性がより一層向上いたします。

また、インターネット専業銀行においては、お客さまのお取引内容に関わらず、ご利用時間帯、ご利用回数の制限なく、個人のお客さまのATMご利用手数料を無料とする銀行は、現時点で住信SBIネット銀行のみとなります。

さらに、本日、住信SBIネット銀行は、「円普通預金、イートレ専用預金 金利1%キャンペーン」の実施について発表しました。2007年10月21日~2008年1月19日の間、普通預金の金利が1.0%になります。以下、住信SBIネット銀行の発表文からの抜粋です。

円普通預金、イートレ専用預金 金利1%キャンペーンのお知らせ
~ いつでも入出金できる口座の運用がより有利に ~

2007年10月15日
住信SBIネット銀行株式会社

 住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中嘉一、以下「住信SBIネット銀行」という)は、「円普通預金」および「イートレ専用預金」の金利を1.0%(年利率・税引前)とするキャンペーンを実施します。

日常的にご利用頂く「円普通預金」、およびSBIイー・トレード証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:井土太良、以下、「SBIイー・トレード証券」という)における株式等の買付代金に充当することができる「イートレ専用預金」において、今まで以上に有利に運用いただけることとなります。

(「イートレ専用預金」の詳細内容は、住信SBIネット銀行のWEBサイト「イートレ専用預金」ページでご確認ください)

【キャンペーン概要】
1. 対象となるお客さま
個人のお客さま

2. 対象となる商品
円普通預金、イートレ専用預金

※ 代表口座、目的別口座の全ての円普通預金が対象となります。

※ 円普通預金、イートレ専用預金は預金保険制度の対象となっています。円普通預金、円定期預金、イートレ専用預金の合計で元本1,000万円までと、その利息が保護されます。
(外貨普通預金と外貨定期預金は預金保険制度の対象となりません)

3. キャンペーン期間
平成19年10月21日(日)~平成20年1月19日(土)
(この期間の残高に対してのみキャンペーン金利が適用されます)

4. キャンペーン金利
年1.0%(税引後:年0.8%、変動金利)

 なお、住信SBIネット銀行では、「円普通預金、イートレ専用預金 金利1%キャンペーン」以外にも、「円⇔米ドル、円⇔ユーロの為替手数料片道5銭キャンペーン(平成19年11月17日まで)」をはじめ、様々なキャンペーンを実施しております。キャンペーンの詳細内容は、住信SBIネット銀行のWEBサイトの「キャンペーン情報・お知らせ」ページでご確認ください。

 住信SBIネット銀行は、今後もさらなる利便性向上に資するサービスの拡大に向けて、様々な検討を行っていくことにより、「顧客中心主義」の徹底に努めてまいります。

以上

ゆうちょ銀行のATMで預け入れや引き出しができるようになるので、メインバンクをゆうちょ銀行から住信SBIネット銀行に変える人が出てくるかもしれませんね。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする