楽天証券、中国株式リアルタイム投資情報を無料で配信

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月13日、楽天証券が自社の顧客向けに中国株式リアルタイム投資情報の配信を開始しました。配信される情報は中国株情報サイト「TRANSLINK」から提供を受けています。

中国株情報サイト「TRANSLINK」ですが、通常は月額3150円の有料サービスとなっています。10月13日から楽天証券のユーザーは無料で「TRANSLINK」の情報を読むことができるようになりました。以下、楽天証券のウェブサイトからの抜粋です。

~~~~~~~

新サービス開始:中国株式リアルタイム投資情報 一層便利になります

10月13日(土)20時(予定)から中国株式の投資情報サービスを拡充いたします。

これまでの市況速報(ニュース)に加え、個別銘柄ごとのコーポレートアクションや決算速報など情報の質と量が格段にUPします。さらに銘柄ごとの検索も可能。中国株式の投資判断にお役立てください。

■新サービスの特徴

  1. 中国株式市場のマーケット情報および個別銘柄情報の充実 ~中国株式市場のマーケット全体の方向感から個別株の詳細までを包括した投資情報をご提供いたします。
    ・前週のマーケット全体の総括した週刊レポートの配信(新機能)
    ・前週の個別銘柄研究を中心としたレポートの配信(新機能)
    ・個別銘柄のコーポレートアクション情報の配信(新機能)
    ・個別銘柄の決算情報と決算スケジュールの配信(新機能)

  2. タイムリーな情報配信(機能改善)
    ~従来1日5回の配信となっておりましたニュースとレポート情報をリアルタイムで配信(1日100本)することで、新鮮な情報をお客様にタイムリーにご提供いたします。

  3. 情報検索機能の追加(新機能)
    ~情報カテゴリー別の検索など、多様な検索機能の追加により、お客様が必要とする情報を容易に取得できる環境をご提供いたします。

■中国株式投資情報サービスの機能一覧




































画面ボタン 機能一覧 備考
ニュース (1)ニュース一覧、(2)マーケット、(3)企業動向、(4)政策、(5)統計、(6)業界動向、(7)投資判断、(8)ニュース検索 直近から過去1ヶ月のニュースを表示(3)企業動向、(4)投資判断では当社取扱銘柄以外の銘柄に関するニュースも表示(ETFを除く)(8)ニュース検索に関しては過去4年分の検索が可能(ETFを除く)
レポート (1)レポート一覧、(2)トピック、(3)セクター、(4)個別銘柄、(5)IPO紹介、(6)レポート検索 表示するレポートは基本的に直近から過去6ヶ月となります。(4)個別銘柄、IPO紹介では当社取扱銘柄以外の銘柄に関するニュースも表示
コーポレートアクション (1)一覧、(2)取引停止銘柄、(3)配当、(4)株式分割、併合、増資、(5)株式交換、買取、(6)買収、売却、(7)IPO、(8)上場廃止、(9)その他 (7)のIPO項目以外は当社取扱銘柄のみの情報を表示 (ETFは除く)
決算 (1)決算スケジュール、(2)決算速報(一覧) 当社取扱銘柄のみ表示(ETFは除く)
企業 (1)ハンセン、(2)H株、(3)レッドチップ、(4)香港その他、(5)GEM、(6)企業検索、(7)休場情報 当社取扱銘柄のみ表示⑦休場情報は過去3年分の休場情報を表示 (ETFは除く)
トランスリンクレポート 週刊レポート 最新版のトランスリンクレポートをPDF形式にて提供 (ETFは除く)

■操作方法
「メンバーサイト」ログイン後、「投資情報」⇒「中国株式」⇒「中国株式投資情報」をクリック

~~~以上、楽天証券のウェブサイトからの抜粋~~~

楽天証券のユーザー用の「TRANSLINK」は、本家の「T&C TRANSLINK」をカスタマイズして作られています。楽天証券のユーザー用の「TRANSLINK」は、本家と若干画面構成が異なっており、掲載されている情報も本家の全てを見ることができるわけではない模様。

それでもかなりの情報量がありますから、楽天証券のユーザーで中国株に興味がある方は、一度「楽天証券ユーザー向けTRANSLINK」を見てみてはいかがでしょうか。

関連記事

楽天証券、中国株式の個別銘柄情報を拡充

中国関連株

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする