大証の株価が強い、中間業績予想を上方修正

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月11日、大阪証券取引所 【ヘラクレス:8697】の株価が前日比+34,000 (+6.07%)の終値594,000円と上昇しました。

今日の前場終了後に、2008年9月中間期の業績予想上方修正を発表したからです。以下、大証の発表文からの抜粋です。

平成20年3月期の中間期業績予想の修正 (単位:百万円)

営業収益 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 8,000 3,300 3,700 2,200
今回修正予想(B) 9,000 4,350 5,000 2,950
増減額(B-A) 1,000 1,050 1,300 750
増減率(%) 12.5% 31.8% 35.1% 34.1%
前期実績(平成19 年3 月期中間期) 8,136 3,336 3,597 2,421

なお、大証の発表では上方修正の理由について下記のように述べられています。

最近の売買の活況により,参加者料金収入が当初見込みより増加したこと等から,営業収益,営業利益,経常利益,当期純利益のいずれも前回予想を上回る見込みとなりました。

参加者料金収入が増えた理由ですが、日経225先物や日経225ミニの売買高が順調に伸びているためです以下、大証の9月の売買状況です。

<概要>
1 平成19年9月の状況
 
(1)デリバティブ市場
(デリバティブ合計)
・ 896万5,052単位 : 月次取引高ベースで3か月連続800万単位超
月次取引高ベースで前年同月比79.7%増を記録

(日経225先物)
・ 276万5,415単位 : 月次取引高ベースで9月における過去最高
月次取引高ベースで前年同月比22%増を記録

(日経225mini)
・ 415万4,154単位 : 月次取引高ベースで3か月連続400万単位超
月次取引高ベースで前年同月比約5倍となる

(日経225オプション)

・ 197万5,154単位 : 月次取引高ベースで前年同月比8.6%の増加
月次取引金額ベースで前年同月比56.5%増を記録

 
(2)現物市場

(株式合計)
・ 1兆9,387億円 : 月次売買代金ベースで前年同月比2.4%増を記録

昨年に比べ、日経225先物や日経225ミニの売買高が急激に伸びているが見て取れます。売買高が伸び続ければ、業績も順調に伸びていくことでしょう。

大証は、ライバルである東証やジャスダックがデリバティブ商品の新規上場に積極的でないことから、
日本国内のデリバティブ市場で独走状態にあります。

今後、業績を伸ばすには日経225先物のイブニング・セッションの取引時間延長と外国株連動ETFの上場がキーポイントになってくるでしょう。イブニング・セッションは取引開始直後に比べ、最近売買高が減っているので、取引時間延長でてこ入れをした方がよいように思われます。

▼当サイト関連記事

大証の米田社長、イブニング・セッションの時間延長は検討中

中国株連動ETF、大証が上場発表

日経225先物取引手数料比較表

日経225mini手数料比較表

日経225先物取引とは

日経225ミニとは

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする