ソニー、欧州で廉価版PS3投入、PS2ソフトは非互換

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月6日、ソニー・コンピュータエンタテインメント欧州法人が家庭用ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」の廉価版を10日に発売、希望小売価格を従来モデルより33%引き下げると発表しました。以下、ソニー・コンピュータエンタテイメントのウェブサイトからの抜粋です。

2007年10月6日
ソニー・コンピュータエンタテイメント・ヨーロッパ(SCEE)

「プレイステーション 3」新モデル欧州発売決定
HDD 40GB標準搭載 希望小売価格399ユーロ

~強力なソフトウェアラインアップとともに、年末商戦期に向けて積極展開~

ソニー・コンピュータエンタテイメント・ヨーロッパ(SCEE)は、40GBのハードディスクドライブ(HDD)を標準搭載した「プレイステーション 3」(PS3)の新モデルを希望小売価格399ユーロにて10月10日より欧州市場で発売いたします。

年末商戦期に向けて、累計65タイトルにも及ぶPS3用ソフトウェアの強力なラインアップとともに、幅広いユーザーの皆様に大変お買い求めやすくなったPS3を新たに導入することで、ゲームをはじめとする様々なインタラクティブエンタテインメントをHD環境で手軽にお楽しみいただくことが可能となります。

PS3の新モデルには、Cell Broadband Engineの圧倒的な演算性能により実現される、次世代ゲームやブルーレイディスク(BD)映画などのエンタテインメントを楽しむための基本機能を集約しました。従来通り、本体システムソフトウェアのアップデートにより、継続的に機能を拡張していくことも可能です。

従来モデルとは異なり、PS3既存ユーザーの利用状況や欧州での市場動向をふまえ、新モデルからメモリーカードスロットなどの一部機能を取り外しました。また、PS3用ソフトウェアのさらなる開発強化とラインアップの充実に伴い、新モデルは「プレイステーション 2」専用ソフトウェアとの互換性を有しません。

新モデルの導入に伴い、HDD 60GB標準搭載のPS3にワイヤレスコントローラ(SIXAXIS)2個、自社制作のゲームソフトウェア 2タイトルを同梱したStarter Packを10月10日から499ユーロに変更いたします。このStarter Packは在庫限りの商品となりますが、引き続き60GBモデルをユーザーの皆様へご提供してまいります。

「欧州地域での新規ユーザー層のニーズにもとづき、最先端のゲームやエンタテインメントをお楽しみいただけるPS3をお求めやすい戦略価格でご提供いたします。新モデルは、次世代エンタテインメントに関心の高いユーザーの皆様がHD環境で今までにない新しいコンテンツをより手軽に楽しめるエンタテインメントシステムです。」(SCEE President兼CEO、デビッド・リーブス)

以上

新モデルは従来の60Gバイトモデル同様、Blu-ray Discプレーヤーやワイヤレスコントローラ、Wi-FiおよびHDMI接続機能は備えています。

しかし、マルチメモリカード用のポートをなくしたほか、PS2のゲームタイトルとの互換性がなくなります。

ソニー・コンピュータエンタテインメントの久夛良木健前CEOが目指した、PS3のユニバーサル・メディア・プレーヤ※としての売り方は失敗しました。

(※CD、DVD、ブルーレイディスク、SACDなど多種のメディアが再生できる機械)

私は、久夛良木氏がCEOを退任してから、ソニーはPS3をゲーム機路線で売っていくと考えていました。しかし、廉価版ではP2のゲームタイトルがプレイできなくなるということで、いまいちソニーの戦略がよくわかりません。

まあ、PS3も結局、本体の値段とソフトしだいですかね。日本で廉価版PS3が3万円台で投入されることに期待したいと思います。

記事下

▼当サイト管理人 ネット証券マニア兜達也がおすすめする証券会社

私は以下の証券会社やFX会社の口座を全て開設しています。どこの会社も口座開設費や口座維持費は無料ですし、証券会社にはそれぞれ特徴があるので、用途によって使いわけるのがいいでしょう。

  • ライブスター証券・・・株取引の手数料が非常に安い証券会社です。業界最安値水準です。2017年9月30日まで、口座開設から二ヶ月間(40営業日)、全ての手数料が無料となるキャンペーンを実施しています。
     また、2017年9月30日まで、口座開設で現金2000円プレゼントキャンペーンも実施しています。

  • DMM FX・・・有名なDMMのグループ会社で、FX取引サービスを提供しています。現在、Amazonギフト券15000円分がもらえるキャンペーンを実施中。詳細はこちら

  • マネックス証券・・・IPOが単純明快な公平抽選ですから、新規公開株申し込み口座として活用すべきです。

  • 楽天証券・・・オンライン証券業界で株式売買代金が2位の会社です。マーケットスピードの情報収集能力がすばらしい。楽天証券は有名な個人投資家「ジェイコム20億男BNF氏」のメイン証券会社です。
     2017年9月30日まで口座開設とFX取引で、楽天ポイントが最大で8万円分もらえるキャンペーンを実施しています。詳細はこちら

  • SBI証券・・・オンライン証券業界で国内株式の個人売買代金シェアナンバー1の会社です。個人投資家の累計口座開設数も業界首位です。

  • SMBC日興証券・・・信用取引の手数料が常に無料です。

 

※上記の証券会社6社は、資料請求・口座開設費・口座維持費が無料です。

※情報の内容に関しては正確性を期していますが、情報が古くなっている場合がありますので、各証券会社のウェブサイトで確認をお願いいたします。掲載している情報に誤りがあった場合、ご指摘いただけると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする